虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< メッセンジャー好投も無援護で5連敗 | main | 誤審と不運で逆転負け >>

打線に繋がりなく、ずるずると6連敗
長期ロード後、未だに勝てず6連敗。選手起用は超変革しても、シーズン終盤に失速するチーム体質は変わらんわ。

初回に先制されて後手にまわる試合展開。ゴメス、中谷の連続アーチで1点差にまで迫るも、中継ぎが被弾して追い付けず。

先発秋山はいきなり3連打で1点を失う。4番筒香は三振に打ち取るが、続く宮崎にタイムリーを打たれて、初回に3点を奪われた。
立ち上がりこそ残念だったが、その後は5回に降板するまで1安打6奪三審に抑えた。球数もそれほど多くなかったので、そのままあと2イニング投げさせてもよかったんちゃうかな。

6回に松田が、9回には高橋が、どちらも代わり端にソロホームランを浴びて、追い上げムードに水を差した。
特に松田は1点差に追い上げた直後だっただけに、痛い失投だった。

打線はDeNA先発石田に4回まで大和の内野安打1本に抑えられる。5回にゴメス、中谷の連続ホームランが出るものの、打線の繋がりがない。
6回先頭の上本のツーベースで無死2塁のチャンスを作るが、続く盪海三振。福留死球の後、ゴメスがゲッツーでチャンスを潰す。上位打線がお膳立てしても、クリーンアップがさっぱり機能しなかった。

最終回、2死になってから1・2塁のチャンスを作り、今成のショート内野安打と倉本の悪送球で1点を返す。尚も2死1・3塁で、一発出ればサヨナラの場面。しかし、代打に出す選手が俊介しか居らず、結局三振に倒れてゲームセット。秋山を早く降ろしたツケがこんなところに回って来た。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/339977

トラックバック

9月最初のカードは、Aクラス争いで絶対に負けたくないベイスターズと甲子園で。先週の浜スタでの対戦と比較すると、お互いのチーム状態が逆になっているような気がしますが・・・何とか勝ち越して、9月の戦いに勢いをつけていきたいところ。
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/09/03 5:41 PM