虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 中継ぎが打たれて逆転負け | main | 福留の逆転弾で秋山4年振りの勝利 >>

ミスが絡んで逆転負け
横浜先発石田から5点を奪うも、メッセンジャーがそれ以上に掃き出してしまい逆転負け。

森越と陽川を入れ替え。そしてすぐにスタメンサードで起用。旬の選手をすぐに使う采配には納得がいく。

初回に2点を先制されるも何とかひっくり返し、再逆転されても同点に追いつく。打線が踏ん張りを見せたが、終盤にメッセンジャーが持ち堪えられずに勝ち越しを許してそのまま敗戦。若手が打撃で頑張りを見せるものの、守りのミスでメッセンジャーの足を引っ張った。

メッセンジャーは自分のペースで投げられなかったように見えた。
桑原の先頭打者弾で立ち上がりのペースを掴めないまま四球を出し、バッテリーエラーでランナーを3塁にまで進められて筒香の犠牲フライで2点を失った。原口、ボールを弾いた後、見失ってしまった。原口は最近はよく弾く。足腰に疲れが溜まって、動きが鈍くなっているのかもしれない。

逆転して貰った後の5回には、下位打線に連続ヒットを打たれて1・3塁のピンチを招く。この2本のヒットもメッセンジャーからすると打ち取った当たりと思っていたかも。そして石田に注文通りショートゴロを打たせるも、北條のバックホームが1塁側に逸れてホームインを許し、同点に追いつかれる。これでイライラが募ったか、2死からゴメス、筒香の連続タイムリーを浴びて2点のビハインドになった。

それでも味方打線の援護で同点に追いついて貰ったが、7回に1死1塁の場面で関根のサードファールフライを陽川が落してしまい、ここから関根のスリーベース、ロペスの犠牲フライで再び勝ち越された。その後も筒香、宮崎に連打を浴びて、高橋に後を託して降板。
陽川のエラーはファールゾーンの投球練習用のマウンドが気になったように見えた。あんなところにマウンドがあったとは知らなかった。

結局、メッセンジャーは6回2/3で10安打7失点。勝ち星も増えず、奪三審も4つしか取れなかった。自責点は2点だけというのが救いかもなあ。とにかくこれで投手タイトルからは1歩も2歩も後退したのは気の毒やった。

8回から岩田がマウンドに上がるが、いきなり死球、四球でランナーを溜め、アウト1つを取ったところで降板。前から言ってるように、岩田はリリーフに向いていない。それに加えて調子がさっぱり上がっていないのに1軍に上げるからこうなる。なぜ1軍で投げさせてみようという話になったのかが分からんわ。

守りでは散々だった若手だが、打つ方では全打点を叩き出してくれた。
2回、原口のヒットを足掛かりに、中谷がセンターへタイムリー。3回には北條がヒットで出塁し、盪海ライトへツーランを放って逆転した。再逆転されて2点ビハインドとなった6回には、この日2軍から上がってきた陽川がバックスクリーンへ同点ホームランを放った。
この試合の唯一の明るい材料やったなあ。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/340282

トラックバック

甲子園ラスト7連戦の2試合目の今日からは、予備日をしっかり使ってのベイスターズとの3連戦です。CSへのわずかな望みを繋げるには、とにかく勝たなければいけない3試合。そういうギリギリのところで起用された選手たちが、どういう動き、どういう働きをしてくれるか
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/09/16 8:10 PM