虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< もうすぐ2017シーズン開幕 | main | 5時間半のグダグダ試合、延長サヨナラ負け >>

打線が機能し、開幕戦勝利
糸井が入った新打線が爆発。幸先よく開幕戦を勝利で飾った。メッセンジャーが広島戦で勝てたのがなにより。

打線が爆発し、苦手ジョンソンをノックアウト。中盤に守りのミスから詰め寄られるが、最後に福留のツーランでとどめを刺した。

北條は2番の方がいいとか、クリーンアップはジグザグの方がいいという意見もあったが、結局はオープン戦終盤の打順に落着いた。
盪魁⊂緞椶裡院■家屮灰鵐咾法∋絨罅∧[院原口と並ぶクリーンアップ。うしろは北條、鳥谷、梅野と続く打線。

この打線が上手くはまった。1、2番が再三チャンスを作る。クリーンアップがそれに応えて、三人とも猛打賞、6打点の活躍。下位打線も鳥谷が2安打1打点と活躍。
合計16安打で10得点。開幕戦で10点以上取ったのは62年ぶりだとか。

メッセンジャーの立ち上がりはよくなかった。雨と寒さに加え、開幕投手のプレッシャーが重なったんやろ。それでも、打線に助けられながら次第に調子を上げ、5回0/3で4失点(自責2)。味方の守りのミスがなければ、もうちょっと長いイニングを投げられたのになあ。

この試合、バントミスやエラーがあったが、とりあえず打力で押し切る事が出来てよかった。
しばらくはこんな試合が続くかもしれん。

auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/343628

トラックバック