虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 藤浪2失点も9四死球の乱調、打線は糸井の一発だけ | main | 原口のサヨナラ弾で延長戦を征する >>

糸井の勝ち越しスリーランで連敗ストップ
膠着した試合を糸井が一発で決めてくれた。秋山はいいピッチングをしたのに勝ち星が付かず残念やったね。

秋山の登録に伴い、狩野を抹消。いずれ狩野の勝負強さが必要になる。

秋山がオープン戦の好調さをキープし、この日も6回まで1失点の好投を見せた。打線は初回に山中を攻めるが、無死満塁から僅か1点しか奪えず。しかし、7回に2番手ルーキから糸井が勝ち越しスリーランを放ち、勝負を決めた。

開幕5戦目にして、ようやく先発投手が6回まで投げる事が出来た。
秋山はストレートに勢いがあり、そこに上手く緩急を絡めたピッチングを見せた。
4回1死2塁の場面で、バレンティンに3球連続でインコースを攻めて打たれて1失点。インコースのボール球要求が真ん中寄りに行ってしまった。悔やまれるのはそこだけだった。
これだけのピッチングをしたというのに勝ち星が付かなかったのは残念やったね。

7回に秋山が残した無死1・2塁のピンチを桑原がしっかりと火消し。代打大松のところで高橋にスイッチかと思われたが、首脳陣はそのまま続投。大松をライトフライ、続く代打鵜久森もショートゴロに打ち取って、7年ぶりに勝利投手となった。
マテオ、ドリスのコンビもこの日は安定したところを見せてくれた。広島での大荒れがウソみたいやな。

打線は苦手山中から初回に盪海ヒットを放つ。上本も見事な初球攻撃で三遊間を破り、糸井が四球を選んで無死満塁とした。
しかし、福留のショートゴロ併殺の間に1点だけに終わると、2回以降は山中に牛耳られた。また今年も苦労するんかな。

7回裏、ピッチャーは2番手ルーキ。無死から梅野がヒットで出塁するも、ピンチヒッター俊介がバント失敗。盪海盪或兇靴董▲薀鵐福偲I佞院
しかし、上本がフルカウントから四球を選んでなんとか糸井に繋ぐ。糸井は1ボールからの2球目を鋭く振り抜くとフォロースルーのまま両手を上げて打球の行方を見守る。そして、ライト上段に着弾してからゆっくりと走り出した。
糸井はこれで3試合連続ホームラン。開幕から5試合連続打点。開幕するまでは盗塁数しか話題に上がっていなかったが、この調子やと本塁打と打点でキャリアハイを記録するかもしれんね。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/343758

トラックバック