虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 序盤の失点が響いて甲子園開幕戦を落とす | main | 梅野が口火を切ってビッグイニング、秋山今季初勝利 >>

一発攻勢で読売に勝利
北條の2本のホームランで大竹を沈め、上本が森福から決勝弾を放つ。相手のお株を奪うホームラン攻勢で僅差の試合をものにした。

前日は青柳が素晴らしい立ち上がりを見せたが、雨が強くなり、3回途中ノーゲームとなった。青柳でこのカードタイに持ち込んで欲しかっただけに残念だった。

2回に北條のソロで先制するが、その後は大竹に6回まで盪海瞭睫邂詑韮泳椶世韻僕泙┐蕕譴襦0貶能見も6回まで1安打の好投を見せ、投手戦を繰り広げた。先に崩れたのは能見。7回に3連打を浴び、同点にされたところで降板。後を任された桑原も踏ん張り切れず、2点タイムリーを打たれて引っくり返される。しかし、直後に北條がレフトポール際にツーランを放ち、大竹も降板。同点で迎えた8回、先頭の上本が2番手森福からソロホームランを放って試合を決めた。

不振が続く北條が大竹からホームランを2発も打ってくれた。2回のソロホームランはラッキーパンチのようにも見えたが、7回の同点ツーランはインコースの球を上手く軸回転してさばいた。能見の敗けを消し、桑原のリリーフ失敗をチャラにする大きな意味がある一発だった。
バッティング技術もパワーも昨年から格段に上がっている。徐々に開幕の頃の緊張が取れて来て、本来のバッティングが出来るようになって来たんちゃうかな。

上本は小動物が突然牙を剥いたような感じの勝ち越しホームラン。元々インコースの球を強く叩いてホームランにする力を持っている選手。リードのミスなのか失投なのかはわからんが、ツボに森福が投げ込んでくれた。

この日は糸井、福留、原口にノーヒットがでなかった。相手もクリーンアップを徹底的にマークしているんだと思う。そんな中、マークの薄い北條と上本がしっかりと打ってくれた。

能見は6回0/3を4安打1失点。広島戦で不安定だったので心配していたが、この日はエースらしいピッチングを見せてくれた。阿部に打たれたタイムリーも低めにコントロールしたフォークを上手く拾われたもので、決して失投ではない。続くマギーと長野はここまで抑えていたので、あのまま7回を任せてもよかったんちゃうかな。



auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/343876

トラックバック