虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 一発攻勢で読売に勝利 | main | 藤浪大変身、8回1失点で今季初勝利 >>

梅野が口火を切ってビッグイニング、秋山今季初勝利
梅野のタイムリーからビッグイニングを作り、秋山が今季初勝利。

前日は雨のために早々と中止決定。この日は藤浪をスライドせずに、順番通り秋山を持って来た。今のところは秋山の方が信頼されてるということやろなあ。

初回に福留のタイムリーで先制するも、2回に秋山が崩れて3点を失う。秋山は3回にもピンチを背負うが、ここを併殺で切り抜けると、直後に味方打線が爆発し、一気に6点を奪って逆転する。5回には原口のソロホームランが飛び出し、5点差をつけて楽勝ムード。逆転してもらった秋山は立ち直り、中盤はパーフェクトピッチングを見せた。ところが、7回に下位打線に連打を浴びて1点を失うと、代打関根にもヒットを打たれて降板。このピンチを桑原がなんとか最少失点で切り抜けるが、点差は3点に縮まった。最終回、ドリスが一打サヨナラのピンチを背負いながらも逃げ切り成功。

秋山は打たれ出すと止まらないような感じで、とうとう確変が終わってしまったかと思ったが、4回以降は安定したピッチングに戻ってくれた。しかし、7回に入ると連打を許し、結局は前回と同じ6回0/3で降板した。
10安打5失点と、内容はあまり良くない。失点したイニングは全て追い込んでから打たれている。ランナーを出すと球が甘くなってしまうのか、それとも早くアウトを取りたいと投げ急ぐのかはわからないが、この辺りがこれからの課題やろね。

9回、3点差でドリスが登板し、簡単に2死を取る。ところが、ここから3連打を浴びて1点を返された。そしてバッターは筒香。ワイルドピッチもあって2・3塁。余裕の勝利と思っていたのが、ホームランならサヨナラ負けと言うところまで追い詰められた。調子が悪いような感じでも無かったんやけどなあ。「こういう日もある」と言う事ならええんやけど。

打線は4回に今永から打者一巡の攻撃で一挙6点を取った。
2死満塁から梅野がレフト前へ2点タイムリーを放って同点。秋山がヒットで繋いで再び満塁とし、盪海押し出し四球を選んで勝ち越すと、上本がセンター前に糸井がレフト前にタイムリーを放って突き放した。
梅野はよくぞこの場面で打ってくれた。今年の打線は去年とは違うというところを見せつけた一打。この試合、梅野の同点タイムリーがなかったら、何事も起きずにそのまま負けていたかもなあ。とにかく苦手の今永を打ち崩せてよかった。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/343939

トラックバック