虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 青柳自滅、3回6失点KO | main | 岩貞、3度目の正直で今季初勝利 >>

投手交代の妙で広島戦カード勝ち越し
藤浪がインフルエンザのために登録を抹消された。前回いいピッチングを見せ、さあこれからというときやのに残念。他の選手にうつってないことを祈る。
代りに伊藤隼を登録。ウエスタンでは打率356でリーディングヒッター。左の代打が手薄なので、代りのピッチャーが上がって来ても、このまま1軍に残るかもしれんね。

この日のオーダーは1番糸原、2番盪魁■携崗緞棔6緡ぢ从に1番から4番まで左をズラット並べた。

序盤、能見が広島強力打線の前に再三のピンチを背負うが、初回の1点だけで踏みとどまる。打線は九里のシュートに苦しむものの、3回にラッキーな当たりが続いて同点に追い付く。その後、能見は立ち直り、4回、5回と三者凡退に抑え、早々と降板。6回から桑原、マテオの無失点リレーで流れを作ると、8回に疲れの見えてきた九里から盪海離劵奪箸氾靂櫃妊船礇鵐垢鮑遒蝓原口のタイムリーで逆転成功。後はいつも通りドリスが締めて、久し振りに広島戦カード勝ち越し。

能見の3回までの打たれようと、九里のシュートを打ちあぐねている打線を見て、終盤まで勝てる気がしなかった。

能見は初回、いきなり1死満塁のピンチを迎え、鈴木の犠牲フライで1点を失う。尚もエルドレッドに四球を与え、再び満塁にしてしまうが、小窪をショートフライに打ち取って、なんとか最少失点で切り抜けた。
2回、3回も得点圏にランナーを背負う苦しいピッチングが続くも、粘りを見せて凌いだ。しかし、その後は本来の調子を取り戻し、4回、5回を三者凡退に抑えた。

広島打線の前になす術もなく打たれていた能見だったが、アウトを取れるところはきっちりと取って、犠牲フライの1点で済ませる事が出来た。ベテランの意地とテクニックやね。
その能見を5回でスパッと降ろしたのは、次のイニングで鈴木、エルドレッドを迎えるので、先手を打ったらしい。とても勇気の要る判断だったと思うが、それも桑原の好調あっての計算だったんやろああ。

その桑原が2イニングをパーフェクト。ベンチの期待に応え、計算通りに勝ちパターンの投手リレーに繋げる事が出来た。
昨年1軍登板のなかった桑原の事を金本監督がこれほど買っているのは、今調子がいいだけでなく、何かが変わったんやろなあ。

マテオ、ドリスもそれぞれ1イニングをノーヒットに抑える。4投手のリレーで、うるさい広島打線を4回以降黙らせた。

打線は九里−會澤のバッテリーに翻弄されていた。しかし、九里も立ち上がりは手探りの状況で、2回、3回は無死から2連続四球を出していた。
2回の無死1・2塁はモノにできなかったが、3回は無死1・2塁から盪海瞭睫邂詑任破塁にしたところで、糸井の1塁ゴロの間に同点に追いついた。
盪海瞭睫邂詑任蝋發ぅ丱Ε鵐匹梁乃紊魘緡い弾いたもの。糸井の1塁ゴロも強い打球を新井が弾いて1塁アウトしか取れなかったもので、どちらもラッキーな打球だった。まあ2度も連続四球を出してると、こういう事も起こる。

4回以降、制球が定まって来た九里に7回までほぼ完璧に抑えられる。ヒットは代打伊藤隼の1本だけ。外野にまで打球が届かない。

しかし、8回裏に先頭の糸原がヒット性のゴロ。果敢にヘッドスライディングを見せるが、菊地の好守に阻まれてギリギリアウト。金本監督がベンチを飛び出して、1塁塁審に文句を言いに行く。
糸原のガッツプレーと金本監督の闘志が試合の流れを変えた。
続く盪海ヒットで出塁。糸井は凡退するものの、福留の打席で盪海盗塁を決め、福留敬遠で2死1・2塁とし、原口が三遊間を破って勝ち越した。

難攻不落とも思えた九里だったが、流石に8回は疲れがあったと思う。広島はあれだけ好投した九里を勝ち負けつかないまま降板させるのに躊躇したんかもなあ。中崎がいないので、延長戦に入るのを考えると、どうしても九里にこのイニングを投げ切って欲しかったのもあったやろ。投手交代のタイミングがこの試合を左右したように思う。

金本監督が絶対に負けられないと決めていた試合。ここ一番の試合をなんとか喰らいついてものにしたのは大きい。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/344053

トラックバック