虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< サヨナラエラーで接戦を落とす | main | 福留、メッセンジャーの活躍でマイコラスから初勝利 >>

青柳が好投するも、終盤に逆転負け
盪海魍阿靴謄譽侫箸砲話翆。1番北條、2番上本、6番中谷と大野対策の打順にした。大野を苦しめることに成功したかに見えたが、チャンスで左バッターが悉く結果を出せずに不発。

青柳が本領を発揮。6回まで2安打無失点の好投を見せる。前回ノックアウトされたのは自らのエラーで墓穴を掘っただけで、この日のピッチングが実力なんやと思う。
球数が100球目前となった7回、先頭の平田にホームランを打たれた場面ではコーチが一息入れてやる必要があった。同点ホームランを右バッターに打たれたショックが残っていたに違いない。
体力的にも限界だったと思う。昨年も7回を投げ切った試合は僅かだった。今シーズン初めて長いイニングを投げるのだから、思い切って7回頭から継投に入ってもよかったと思う。

7回2死1・2塁の場面で桑原がリリーフ。
代打井領のセカンドゴロを上本が握り直して1塁へ送球するが内野安打にしてしまう。続く京田の1・2塁間を破りそうなゴロに上本が飛びつくも、打球がグラブを弾いてレフト前に転がり、2点タイムリーとなった。
ギリギリのプレーだったとは思うが、もし守備固めで大和に代えておけばどうだったかと思ってしまう。

8回、2死1塁でビシエドを迎えたところでマテオが登板。なぜビハインドでマテオだったのか。
マテオは初球のストレートをライトスタンドに運ばれた。あまりにも安直にストライクを取りに行ったように見えた。ホールドの付かない場面だったのでモチベーションが低かったのかもしれない。

打線は初回から大野を攻めるが、なかなか得点できず。5回にようやく原口がタイムリーを打って1点を奪うにとどまった。
福留が3度の得点機で大ブレーキ。4番が打ってくれないと勢いがつかない。

8回に盪海代打で登場し、岩瀬からタイムリーツーベースを放った。
盪海漏幕以来ノーヒットだったのは3試合だけ。このカードでも前日まで3安打している。それなのに状態がよくないと判断されるのは、凡退したときの内容が悪いからかな。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/344120

トラックバック