虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 秋山粘りのピッチングも援護なし | main | 藤浪、粘りのピッチングで3勝目 >>

福留4安打かため打ちで逆転勝利
終盤に3点取って3点返され、また3点を取る。なんちゅう試合をすんねん。

この日はオーダーを大きく弄った。1番ファースト荒木、5番レフト盪魁■携屮轡隋璽隼絽供■姑屮ャッチャー岡崎。右の山中対策に、左バッターを多く並べた打線にした。

岩貞は立ち上がりこそ荒れ気味だったが、中盤以降はパーフェクトに抑える好投を見せ、6回を1失点。打線は6回に荒木のヒットを起点に、糸井、鳥谷のタイムリーで逆転。8回には鳥谷の野選、中谷のタイムリーで3点を追加し、これで勝負は決まったと思われた。しかし、8回にマテオが自滅して3点を返される。それでも9回に福留、北條、糸原のタイムリーで3点を追加して試合を決めた。

左で固めた打線が成功したかどうかは微妙。山中を打ち崩すまでには至らなかった。荒木が足でかき回したのが唯一の成功かな。
6回に荒木がレフト前ヒットを打ち、バレンティンの隙を突いて2塁を陥れる。続く上本の送りバントで好スタートを切り、野選を呼び込んだ。その後の糸井の1塁内野安打も、荒木のスタートがよかったので、ピッチャーの1塁カバーが遅れたんだと思う。

前日の試合でさっぱりだった福留が、この日は4安打の大活躍。
1打席目、2打席目は先頭バッターとしてヒットで出塁。これは残念ながら得点には結びつかなかったが、8回の第4打席では糸井を1塁に置いてライト線へヒットを打って、3得点のお膳立てをした。第5打席はヤクルトの猛追を受けた直後の9回。先頭の大和が出塁するものの、江越がスリーバントを失敗。しかし、ここで福留が左中間を破るツーベースを放ち、大和が1塁から生還した。流れがヤクルトに傾いている雰囲気を一掃し、その後の北條、糸原のタイムリーに繋がった。
そういえば4月に、ナゴヤドームの中日戦でチャンスで悉く凡退し、次の日の東京ドームでの読売戦で4安打3打点の活躍をした事があった。打てなかった事を「こんな日もある」で済まさず、きっちりと修正して試合に臨んでるんやろね。

岡崎が今シーズン初のスタメンマスクを被った。盗塁阻止やワンバウンドの処理は梅野の方が上。しかし、荒れ球のピッチャーをリードする能力については岡崎の方が長けている。
この日の岩貞は初回2死1・3塁から雄平に死球を当てると、中村に四球を与えて押し出しで1点を先制される。2回にも2死から連打を浴びて山田を迎えるが、ここを三振で切り抜けると、その後は6回までバレンティンのヒット1本に抑える好投を見せた。この日の岩貞の使える球種、打ち取るための配球を、岡崎が試行錯誤しながら必死にリードしたお陰だと思う。
岩貞だけでなく、大乱調のマテオ、コンディションに不安があったドリスも立て直してくれた。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/344381

トラックバック