虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 福留4安打かため打ちで逆転勝利 | main | 4点ビハインドを跳ね返して逆転勝ち >>

藤浪、粘りのピッチングで3勝目
藤浪がコントロールに苦しむも、ヤクルト打線を1失点に抑え、打線は前日の勢いのまま石川をノックアウト。

青柳に代わって登録予定だった横山が、腰を痛めたために昇格が見送りになった。ケガの多い選手やね。

3回に福留のタイムリーで先制。4回に梅野のホームランで追加点をあげると、5回には中谷、福留のホームランなどで5点を追加し、石川をノックアウト。投げては藤浪が4安打7四球と大荒れするが、結果は8回途中まで1失点と粘りを見せ、今季3勝目。

藤浪は初回、簡単にツーアウトを取ってから、山田、バレンティンに連続でストレートの四球を出す。また始まったかと思ったが、なんとか踏ん張ることは出来た。その後も調子よく打ち取っているかと思えば、突然ストライクが入らなくなるというのを繰り返していた。
守りのミスが出なかったから、結果的に1失点に抑えられたんだと思う。8回に交代させられたのは、首脳陣の信頼を得られてないからという事。「粘れたのは評価したい」なんて言ってる場合ではない。

中谷が猛打賞。スリーベースが出ればサイクルヒットやったのに。まあ、神宮では難しいか。
3回、先頭バッターとしてライト線へフェンス直撃のツーベースで出塁すると、その後先制のホームを踏んだ。5回にはレフトへホームランを放ち、ビッグイニングを呼び込んだ。
レフトのポジションを盪海望り、内野での出場を模索していたが、今で打撃でもレフトの守備でも盪海茲螳堕蠅靴討い襦将来の事を考えると、この2人の競争が楽しみやね。

福留がツーランホームランを含む、3安打3打点の活躍。この日も4番としてしっかりチームを引っ張ってくれた。
先制タイムリーはもちろん、5回の追い打ちのツーランは、石川に大きなダメージを与えた。

4回、梅野が2年振りにホームランを打った。長打が2年振りとは知らなかった。
これをきっかけに、もう少し打率を上げて貰いたい。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/344398

トラックバック