虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 秋山7年振りの完投勝利 | main | ジョーダン打てず、中日戦3連勝ならず >>

選手起用の妙で投手戦を制する
バルデスからたった3安打しか打てなかったが、それでも僅差で勝利。スタメン、継投のタイミング、控え選手の選択、ベンチワークがピタリと当たった。

左のバルデスに対して、右バッター中心の打線。勝負強いところを見せている盪海隼絽兇魏爾欧董△海瞭はファーストに原口を入れ、中谷はレフト。ショートには北條を起用した、上本はまだ守れんのかなあ。

能見とバルデスの投手戦。両チーム0を並べ、早いテンポで試合が進む。5回、原口がチーム初ヒットとなるソロホームランで先制。このまま能見の完封を期待していたが、7回にこの日初めてのピンチを迎え、平田にタイムリーを打たれたところで無念の降板。それでも、能見が残したピンチを桑原が後続をしっかりと断って、逆転は許さなかった。8回、四球と送りバントでチャンスを作ると、途中出場の盪海離織ぅ爛蝓爾脳,善曚靴棒功。最後はドリスがランナーを背負いながらも逃げ切った。

能見が通算1500イニングを達成。低めをしっかりと意識したピッチングで、サクサクと中日打戦を打ち取って行った。
7回に京田の内野安打、大島のヒットでランナーを溜め、ワイルドピッチで無死2・3塁のピンチを迎える。ビシエドを内角のストレートで見逃し三振をに打ち取って、なんとか凌ぎそうな雰囲気はあったが、続く平田にセンター前にタイムリーを打たれて同点にされた。
打たれた球は、しっかりと低めにコントロールされた変化球。三振を取りに行ったが、平田に巧く拾われた。
能見はここで降板。いつもなら能見は途中降板でも納得した顔でマウンドを降りるのに、流石にこの日は残念そうな表情を見せた。能見をそのまま投げさせても踏ん張れたかもしれない。しかし、ベンチは中継陣が休養十分ということも考え、情に流されずに冷静な判断をしたんやろね。

スタメン起用された原口が5回にソロホームラン。誰も打てそうになかったバルデス、この1球だけは甘かった。それを逃さずに打ったところが原口の凄いところやね。
中谷の調子がいいので、原口がベンチスタートになることが増えているが、こうやって結果を出していれば、また立場が逆転するかもしれない。

8回表にピッチャーを高橋からマテオにスイッチする際、この日4タコの中谷のところにマテオ、9番に盪海鯑れた。先発がバルデスだったからベンチスタートにしていた盪海茲蝓右の江越の方がいいと思っていた。実際、監督もそう考えていたらしいが、矢野コーチの進言で盪海坊茲瓩燭蕕靴ぁ
その盪海8回裏2死2塁の場面で打順が回って来て、センターオーバーの貴重な勝ち越しタイムリーを放った。
矢野コーチがなぜ盪海鯀Δ瓩燭里は分からんが、日頃の練習態度なんかを見て、これだったらいけると判断したんやろなあ。原口のスタメン起用も片岡コーチの直感らしい。監督もコーチもよく選手を見て、状態を把握してるということやろね。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/344673

トラックバック