虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< ジョーダン打てず、中日戦3連勝ならず | main | ノーコン藤浪、4回もたず降板 >>

岩貞またも背信ピッチング
下位チーム相手に2連敗。阪神ファンの性なんやろなあ。大型連敗して失速するんやないかと悲観してしまう。

岩貞がまたも初回に打たれ、5回3失点で降板。打線は6回に隼太の代打ホームランで1点を返し、更に無死1・2塁のチャンスを作るが、クリーンアップが機能せず1点止まり。8回に盪海離愁蹐韮嬰精垢貿るが、球児がバレンティンに一発を浴びてダメを押された。

初回、岩貞は先頭の荒木を四球で出すと、山田のヒット、バレンティンへの四球で2死満塁とし、大引のライト前タイムリーで2点を先制される。3回にも山田にヒットを打たれると、雄平には変化球がすっぽ抜けて死球を出し、バレンティンのタイムリーで3点目を失った。
ストレートはお辞儀し、スライダーは高めに浮いてしまう。軸になる球がない状態で、よくも3点で済んだもんやね。
打線が好調ならこれでも勝ち星がついて、ファームに落としにくくなっていたと思う。岩貞のためにも負けてよかったんちゃうかな。ファームでしっかり下半身を鍛え直してから戻って来て欲しい。

6回、代打伊藤隼が初球をライトスタンドへホームラン。試合の流れを変えるのに十分インパクトのあるホームランだった。
その後、盪魁∨黙蠅力続ヒットで無死1・2塁と原樹理を攻める。しかし、糸井がファーストゴロ、福留がファーストフライ、中谷もサードゴロに倒れて、ホームランの1点止まりに終わった。去年までの「あと一本が」打線みたいやね。糸井、福留に疲れが出てるんかな。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/344719

トラックバック