虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< ノーコン藤浪、4回もたず降板 | main | 秋山に援護なく3敗目 >>

逆転勝利で連敗をストップ
小野と星の新人対決は痛み分けというところかな。スッキリしない勝ち方だったが、なんとか連敗をストップした。

遼馬と伊藤和を入れ替え。もうちょっと様子を見るのかなと思ってたが、意外にも速い決断やった。

この日は梅野はお休みで、岡崎がマスクを被った。ルーキーが投げるので、岡崎の経験を重視したんかな。

ルーキー小野が1軍初先発。ヤクルトの先発も星で、ドラ2同士の対決になった。
小野は初回こそ三者凡退に抑えるが、2回にバレンティンにツーランを打たれて先制を許す。盪魁⊂緞椶力続ホームランで、すぐさま追いついもらったが、3回に坂口のソロで再び勝ち越される。5回には山田のタイムリーで1点を追加され、更にランナーを出して、バレンティンを迎えたところで降板した。それでも桑原がイニングまたぎをしっかり抑えると、7回に盪魁⊂緞椶離織ぅ爛蝓柴睫邂詑任覇嬰世膨匹い弔。その後、2死2・3塁となって福留は敬遠。しかし、敬遠球が大暴投となって労せず逆転。9回、ドリスが1死満塁のピンチを迎えるが、辛うじて逃げ切った。

小野は4回1/3を8安打4失点。ランナーを出してセットポジションになってからの制球が課題かな。
2回、バレンティンにホームランを打たれた後もランナーを出すもなんとか切り抜け、4回には2死満塁のピンチを凌ぐ事ができた。
特にランナーを溜めたときにガタガタと崩れなかったところは評価したい。次は5回を投げ切ろうな。

盪海半緞椶大活躍。3回も7回も2点ビハインドの場面。盪海打てば、上本も負けじと打ってくれた。
この試合、チームのヒット数は6本だけ。相変わらずクリーンアップが機能しない中、この2人だけで5本のヒット打ち、4打点を叩き出してくれた。

伊藤隼が7回に代打で出場し、1塁にキャンベルを置いて、ライトへツーベースを放った。これが逆転劇のきっかけ。
この3連戦で3安打。うち1本はホームラン。左の代打の切り札として、十分な活躍を見せている。守備面が改善されたらレギュラー争いに食い込めるんやけどなあ。

ドリス、よく踏ん張ってくれた。不運な内野安打とバント処理のミスでいきなりのピンチ。その後送りバントと四球で1死満塁となって、クリーンアップを迎える。しかし、ここから山田、雄平を三振に打ち取った。山田はインハイの完全なボール球をハーフスイングして三振。雄平は遊びなしの3球勝負で、これも空振りの三振。気迫で乗り切ったという感じやね。




auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/344764

トラックバック