虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< キャンベル来日初ホームラン、メッセンジャー6勝目 | main | 大技小技でDeNAに快勝 >>

守りのミスで敗戦
先発がノーコンでもそれなりに試合を作ってたというのに、守備のミスで試合を台無しにした。

盪海足の状態が悪いらしく、スタメンを外れた。代打で出て来たので、大したケガではないと思う。
この日も1番は糸井。3番に中谷。前日活躍したキャンベルを5番に上げ、6番に伊藤隼を起用した。

藤浪が、制球に苦しみながら、なんとか無失点で踏ん張るが、6回に先制点を許して降板。リリーフした岩崎も1点を失い、なおも2死満塁のピンチ。ここでロペスのレフトフライを伊藤隼が捕れず、走者一掃のツーベースにしてしまい、一気に点差を離された。打線は井納の前に6回派でノーヒットに抑えられる。終盤にようやく反撃を開始するが、無駄に与えた3点が重たかった。

伊藤隼がレフトスタメンということで不安に感じていた。まあ、想像通りというか、想像を超えるミスというか…
6回2死満塁、ロペスのレフトフライに、いったんは前進して落下点に入った。しかし、そこから後退し始めて、最後は必死で追うものの頭を越されて走者一掃のタイムリーにしてしまった。ピッチャーはやってられんやろね。
たまにしか試合をしない球場なら、こういう事もあるで済むかもしれないが、本拠地なのだから言い訳できない。福留クラスのスーパープレーは元より期待していない。せめて普通のプレーをして貰いたいもんやね。

藤浪はまだノーコンが治らない。無駄な動きを減らすように調整しているらしいが、方向性が間違ってないか。
ストライクを取る事が目的ではなく、打者を打ち取るのが目的の筈。この日も荒れながら5回まで無失点に抑えた。制御不能になるのは困るが、あまりにも小さくまとまって欲しくない。

糸井が2安打1打点。まだ完全復活ではないが、とりあえず打点付きの長打が出たのはよかった。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/344876

トラックバック