虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 守りのミスで敗戦 | main | 小野、アクシデントから6失点 >>

大技小技でDeNAに快勝
青柳が今シーズン初勝利。ファームで基本からやり直したそうだが、以前とあまり変わってないように見えた。打線が大量援護してくれたので思い切って投げられたかな。

藤浪が鳴尾浜で調整しているというスポーツ紙の記事を読んで「なんで?」と思っていたら、登録抹消の公示が出た。前日の監督コメントではファーム落ちを否定していたが、やはりこのまま置いておいても調整の目処が立たんと判断したんやろね。
盪海3番レフトで復帰した。足は大丈夫やったみたいやね。5番には原口、8番キャッチャーに岡崎を起用した。

3回、糸原のセーフティーバントがクラインのエラーを誘う。これでクラインのリズムを崩し、ランナーを溜めたところで糸井のスリーランで先制。更にランナーを出して、福留のレフトポール直撃のツーランで一挙5点を奪う。その後もこまめに追加点を挙げて9得点。青柳は初回の2死満塁のピンチを切り抜けるが、その後も毎回ランナーを背負う苦しいピッチングが続く。それでもなんとか凌いで、6回を2失点に抑える事が出来た。後は高橋、伊藤和、桑原と繋いで快勝。

糸井に久し振りのホームランが出た。ランナー2人を置いて、ライトポール際へ放り込んだ。他の球場だったらファールだったかもしれないが、高く上がった打球を浜風が押し戻してくれた。次の打席でも1塁ゴロを全力疾走でタイムリー内野安打にし、この日は4打点。その後も2点タイムリーエラーを誘う1塁ゴロを打ち、この日は得点に絡むツキを持っていた。

糸原と岡崎がいい働きを見せた。
3回、ここまでノーヒットに抑えられていたクラインに対し、糸原がセーフティーバントを試み、これがクラインのエラーを誘った。その後、1塁への牽制悪送球と岡崎への死球で1・2塁になり、糸井のスリーランが飛び出した。
糸原は4打席すべて出塁。岡崎は死球と犠打2つ。下位打線でチャンスを広げ、乗っている糸井に繋いでくれた。

青柳はファーム落ちする前と変わらない荒れ球。特に初回はストライクを取るのに汲々としていた。戸柱の三振に助けられたようなもの。2回以降は制球がまとまって来て、四死球は序盤の3個だけ。それでも時々抜け球があって、ヒヤヒヤするピッチングだった。
それでも大崩れしなかったのは、4番筒香抑えた事と、9番倉本と1番梶谷の繋がりを切ったのが成功したんやろね。ここだけは岡崎のプラン通りに投げる事ができた。
フィールディングも相変わらずで、5回先頭の梶谷のピッチャーゴロを弾いたのが失点に結び付いた。2回にもクラインのピッチャー前のバントを岡崎が処理する場面があり、投内連係もまだ危ういように見えた。
この日は打線の援護があったので、気持ちの上で余裕があったと思う。次はピリッとした内容のピッチングを見せて欲しい。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/344899

トラックバック