虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 大技小技でDeNAに快勝 | main | 交流戦初戦、今季最多の15得点で勝利 >>

小野、アクシデントから6失点
3カード連続の負け越し。交流戦に向けて弾みをつけたかったのに残念な結果に終わった。

2回に大和のタイムリーで先制するものの、小野が3回に突然崩れ、6失点して降板。それでも、必死の継投でその後を無失点に抑えて、逆転への流れを作る。しかし、打線は再三チャンスを貰いながら、犠牲フライの1点しか返すことが出来ずに敗戦。

福留がお休み。盪魁中谷、原口でクリーンアップを組んだ。7番にショート大和を入れ、キャッチャーはこの日も岡崎。

3回、小野が倉本、桑原への連続四球から2死2・3塁のピンチを招く。そして、ロペスのセンターと二遊間の真ん中辺りに上がったフライを糸井と大和が追い、大和のグラブに入った瞬間に糸井と衝突して落球。2点タイムリーとなって逆転を許した。
このプレーで目の付近を切った糸井の治療で試合は数分間中断。試合最下位後、小野は筒香に四球を出すと宮崎のタイムリーツーベース、戸柱のスリーランで、このイニング一挙6点を奪われた。

小野にとっては不運なイニングだった。ロペスの打球は打ち取った当たりだったし、その後の4失点も長いインターバルでリズムが狂ったんだと思う。それでもこのイニングは抜け球が多かったのも事実。先制してもらった直後のイニングだった事がプレッシャーになったのかもしれない。
ボコボコに打たれて負け投手になってしまったが、その分いろんな事を経験出来たと思う。球はよくなっているとの評価なので次に期待したい。

打線は2回に四球のキャンベルを1塁に置いて、この日スタメン出場の大和のタイムリーツーベースで先制。しかし、よかったのはここまで。それ以降は何度もチャンスを貰いながらタイムリーが出ない。
4回無死1・2塁はランナーを進める事も出来ずに終わる。5回1死2・3塁では中谷、原口が揃って凡退。7回の1死満塁では中谷が犠牲フライを上げて1点を取ったものの、続く原口が三振して1点止まり。
若いクリーンアップが機能しなかった。将来はこんなクリーンアップを期待しているが、未だ時期尚早やね。5点も離されていたので攻撃が雑になったのかもしれない。
中谷は5回のチャンスでキャッチャーファールフライに倒れた。内野ゴロを打てば打点を稼げたのに、状況を判断出来ていない。四球数も得点圏打率も極端に低い中谷を4番に据えたの7が間違いだと思う。今の中谷は自由に打てる打順の方が合っている。

ここまで46試合を消化して27勝19敗、貯金は8。数字そのものは悪くはないが、勝てなくなっている状態で交流戦に突入するのは不安やね。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/344921

トラックバック