虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 能見好投、完封リレーでロッテに連勝 | main | 岩貞復活も逃げ切り失敗 >>

打線が繋がらず、投手陣も打たれて惨敗
スミ1もスミ1、先頭打者弾の1点だけ。そこに守りのミスで投手陣の足を引っ張ったら勝てんわ。

盪海寮萋打者弾で幸先よく先制。しかし、メッセンジャーがマリンスタジアムのマウンドの柔らかさに苦しみ、直後に3点を奪われて逆転される。それでも、その後はいつもの踏ん張りを見せて、7回まで投げて4失点。打線は盪魁⊂緞椶裡院Γ家屮灰鵐咾硲携峪絽兇活躍するが、打線が繋がらず得点に結び付かない。8回に伊藤和がつるべ打ちされて大差をつけられた。

盪海バックスクリーンへ先頭打者ホームランを打つが、直後の守備でレフトへの浅いフライにグラブが届かず後逸。2点タイムリーにしてしまい逆転された。打球に触ってないからヒットになっただけで、実質的にはエラー。
8回にもクッションボールの処理を誤って余計な失点に繋がった。
常に感じている事だが、フライが上がったときに、落下点に入るのが遅い。風の加減で守備位置を微調整したり、打った瞬間の角度や打球音で1歩目を踏み出すというのが出来ていないのだと思う。
守備のセンスがないと言ってしまえばそれまで。だったら練習と経験で少しでも補ってもらいたい。福留が一緒にプレーをしているのだから、お手本にすればいい。
これまでにも打力があっても守備がまずくて消えていった選手が何人もいる。守備力を並みレベルまでに上げないと、ポジションを奪われるかもしれんよ。
ところで、金本監督はこの日の盪海亮虍ではなく、打撃の方に不満があったらしい。3打席目と4打席目に、追い込まれていないのに難しい球を打って凡退したところ。守備が下手なのは織り込み済みで、長所をもっと伸ばして欲しいというスタンスなんやろな。

メッセンジャーは、初回は手探りの状態で投げているようだった。慣れないマウンドでボールが高めに浮く事が多く、逆にそれを意識するとワンバウンドになる。盪海里泙困ぅ廛譟爾なくても、無失点で切り抜けるのは難しかったんやないかな。
2回以降も制球に苦しんでいたが、3回に鈴木から見逃し三振を奪ったところで何か掴んだか、ここからいつものメッセンジャーらしくなったように思う。

伊藤和もマリンスタジアムのマウンドに戸惑ったのかもしれない。いきなり先頭バッターに死球を当て、そこから4長短打で4点を失った。
あれが自分の実力だとコメントを残しているが、そんな弱気にならず、こういう日もあると割り切って貰いたい。ここまで点を取られていなかったのも実力なんやから。

打線は盪海2安打、上本が3安打、糸原も3安打。8本のヒットを打ちながら、ホームランの1点しか取ることが出来なかった。逆に言うと、この3人しかヒットを打てなかった。
この日はクリーンアップがブレーキ。糸井が2三振、福留が2併殺。中谷も4タコに終わった。せっかく1・2番がお膳立てしたのになあ。

5回、先頭の糸原がツーベースを放つが、俊介が三振、梅野もライトフライに倒れてランナーが釘付け。ここまで2安打の盪海癸盈櫂乾蹐謀櫃譴拭この日のように相手ピッチャーの調子がいいと、そうそうチャンスはない。ここで1点でも取って、唐川をもっと早く降ろしていたら、試合の展開が変わったかもしれないというのに。

3連勝は出来なかったけど、先ずは交流戦最初のカードを勝ち越し。この日は中日以外のセリーグ球団が全部負けたので、負けの影響も少なくてよかった。
問題は次のカード。壊滅的な裏ローテでどこまで日ハム打線を抑えられるかやね。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/344998

トラックバック