虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 青柳の好投、糸原のパンチ力でソフトバンクに勝利 | main | 俊介、糸原の活躍で西武に先勝 >>

交流戦初のカード負け越し
交流戦4カード目にして初めての負け越し。貯金が1つ減っただけで済んだのと、広島も負けたのが救いやね。

西岡がファーム戦で故障後初めて守備についた。1番ショートでスタメン出場。全力疾走が出来るまでに回復しているらしい。オールスター明けぐらいには1軍に戻って来れるかな。

この日も糸井は ベンチスタート。スタメンはショート大和以外は前日と同じ。

初回、小野が制球に苦しみ、4四球を出して2点を失う。3回にも四球のランナーを出して1点を取られると、6回にこの試合6つ目の四球を出したところで降板。
ボールが高めに抜けていた。特に初回の四球は、すべて左バッターに対してのものなので、調子うんぬん以外にも何か課題がありそうやね。
それでも6回途中まで3失点にまとめ、四球を出さなかったイニングは3人で終わらせているので、コントロールさえなんとかなれば十分通用する。金本監督が推している間に、なんとか修正できればええね。

相手先発の山田も立ち上がりに苦しんでいたが、ソフトバンク外野陣の守備力と、こっちの4番の不振で攻略出来ず。ようやく5回に梅野のホームランで1点を取っただけ。

7回2死1・2塁で代打糸原がライト前にタイムリーを放ち、ようやく流れが来たかと思ったが、その後の1・3塁で盪海ピッチャーゴロに倒れて、追いつく事が出来なかった。

この3連戦でクリーンアップが打ったヒットはたった1本。完全にブレーキになっている。相手バッテリーに巧く攻められたのかもしれんが、それでも3人揃ってやられるとは。福留に至っては不振というより、どこか痛めてるんちゃうかな。

8回、2死1・2塁で大和が三振。この日2安打の大和に賭けたのかもしれないが、普通は代打を送る場面。9回表の先頭に糸井を代打で出すくらいなら、この場面で出したらよかったのに。

そんなことしてるから、その裏にしっぺ返しが来た。
高橋が先頭の上林にスリーベースを打たれる。その後2死までこぎつけたが、今宮にタイムリーを打たれた。更に柳田のレフトフライに大和がダイビングするが届かず。スリーベースになってもう1点を追加された。
高橋が踏ん張り切れなかったのは仕方ない。それより大和のギャンブル失敗が痛かった。2死1塁でするプレーではない。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/345228

トラックバック