虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 中村ひとりにやられた | main | 岩貞好投、交流戦勝ち越しを決める >>

皆で繋いで最後は原口が決めた
原口の必死のパッチの一打でサヨナラ勝ち。このカードの勝ち越しを決め、金元監督に通算100勝目をプレゼントした。

5番ライト中谷、7番ファースト原口。またスタメンが的中。

延長10回裏、先頭の盪海四球で出塁。ここで福留が意表を突いて、初球にセーフティバントを見せる。惜しくも1塁アウトになるが、結果的に送りバント成功。中谷のライト前ヒットで1・3塁。西武は鳥谷敬遠で満塁策を採って、原口との勝負を選んだ。
原口は初球見逃し、2球目ファールで追い込まれるが、3球目を詰まりながらもライナーでレフト前に落とした。

福留は初回にタイムリーを打ったものの、2打席目以降はチャンスで凡退が続いていた。ランナーを進めたい、でもアウトカウントは増やしたくない。そう考えてこの作戦を選択したんやろね。1塁を駆け抜けて悔しがってたのは、セーフになる自信があったんやと思う。
これが「さあ、準備は整ったから、お前たちが決めろ!」というメッセージになった。

中谷は5打数5安打の大当り。この日はバットにさえ当たればヒットになるような勢い。外角高めのストレートを右に追っつけ、1・2塁間をしぶとく破った。
これまでは強く引っ張ってばかりで、特に追い込まれると余裕がなくなって低め変化球を空振りする事が多かった。しかし、この打席では低めの球を捨てていた。追い込まれてからファールで逃げ、どこか余裕があるように見えた。

中谷がこれだけ打てば、原口も負けていられない。この日は2安打。1本目は伊藤隼の同点打を呼び込むヒット。そして、試合を決めるサヨナラタイムリー。どちらも価値あるヒット。
原口はお立ち台で開口一番「必死のパッチ」。またこれかと思ったが、聞き飽きるくらいヒーインを受けてると言うことやね。それだけ勝負強いということなんやろね。

勝てたのは打線の粘り強さだけではない。中継ぎ投手陣の層の厚さが物を言った。
西武は7回から牧田が2イニング。9回からシュリッターを投入して、延長に入ってもイニングまたぎで投げさせた。接戦を任せられるピッチャーが、うしろの3人しかいなかったんやろ。
こっちは7回から勝ちパターンリレーに入ると、10回は高橋が投げた。10回で決められなくても、まだ岩崎がいた。

メッセンジャーは毎回ランナーを出しながらも、粘りのピッチングを見せた。それだけに、メヒアへのコントロールミスが悔やまれる。勝ち負けはつかなかったが、6回を2失点にまとめ、試合を作ってくれた。

伊藤隼が6回1死1・2塁の場面で梅野の代打で登場。初球を打ってライト前へ同点タイムリー。
金本監督にしては早めの仕掛け。何かひらめくものがあったんかもしれない。隼太もそれによく応えてくれた。

これで交流戦4度目の勝ち越し。9勝目で交流戦5割はキープした。
例年パリーグ優勢の交流戦。目標の5割は達成出来た。最後の楽天戦で、1つでも貯金を増やしてもらいたい。



auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/345309

トラックバック