虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 皆で繋いで最後は原口が決めた | main | 終盤に試合が壊れて大敗 >>

岩貞好投、交流戦勝ち越しを決める
相手がパリーグ首位の楽天で、おまけに先発がルーキーの藤平。嫌な予感しかなかったが、岩貞が楽天打線を封じてくれて助かった。

藤波がファームの試合で、6回10K無失点も5四死球。交流戦明け早々に1軍に戻って来るかと思っていたが、この調子だと難しいかもしれん。

北條がショートで出場。昼間にファームの試合に出て、一人ダブルヘッダーだったらしい。
セカンドには糸原、キャッチャーは岡崎。

先発岩貞が7回を1安打1失点に抑えた。3回以外はパーフェクトピッチング。失点もソロホームラン一発だけ。
この日はストレートの伸び、変化球のキレ共によかった。岡崎の的を絞らせないリードもナイスだった。
福留の捨て身のファインプレーにも助けられた。6回先頭の茂木のレフト前に落ちそうな打球を福留がダイビングキャッチ。そろそろ岩貞が疲れてきそうなところ。先頭バッターだけは出したくない。その事をわかったうえでギャンブルを仕掛けたんやろね。
ファームから戻ってきて3試合目。過去2試合も試合を作っていたが、打線の援護に恵まれなかった。ようやく勝ちがついてホッとしてることやろね。
次は投げるだけでなく、送りバントもちゃんと決めよな。

打線は高卒ルーキーの藤平から毎回ランナーを出しながら、5回をホームランの2点だけに抑えられた。
初回に先頭の糸原がセンターオーバーのツーベースで出塁し、北條のショートゴロで1死3塁。早いイニングで藤平をノックアウト出来るかと思っていたが、盪械盈櫂乾蹐妊薀鵐福偲I佞院∧[吋譽侫肇侫薀い農萓ならず。2回に原口の先制ツーランが飛び出すが、その後は5回で降板するまで藤平に踏ん張られてしまった。
ルーキーが相手ということで甘く考えてたかな。送りバント失敗や盗塁失敗で藤平を助けてしまっていた。原口がよく打ってくれたもんやね。

8回、3番手の久保から、北條のヒット、盪海離帖璽戞璽垢妊船礇鵐垢鮑遒襦J[鰻姫鵑破塁になって、2死から鳥谷がセンター前へ2点タイムリー。結果的にこの回の2点が大きかった。
なんかパリーグって敬遠策が多いように思う。それも打ちそうな雰囲気を持った選手の前で塁を埋めてくれる。前日5安打の中谷、好調の鳥谷の前で敬遠するかね。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/345333

トラックバック