虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 岩貞好投、交流戦勝ち越しを決める | main | 交流戦最後の試合を惜しくも落とす >>

終盤に試合が壊れて大敗
マテオ、松田が打たれ、大差をつけられて敗戦。そこまでの流れはよかったのになあ。

育成契約の西田が、支配下登録される事に決まった。週明けに支配下登録されるらしい。原口のように華々しいデビューを飾ってもらいたい。

先発青柳がグダグダのピッチング。この日は明らかなボールが多すぎた。守備に助けられて5回2失点で済んだが、とても試合を作ったとは言えない内容だった。
次もこんな調子だったら、またファームに戻ることになるかもしれんね。

4回、北條、盪海離劵奪箸妊船礇鵐垢鮑遒蝓中谷、原口のタイムリーで同点に追いついた。
この試合は若手が引っ張ってくれた。中谷はこの日2安打1四球。守備でも超ファインプレーを見せ、好調さをアピールした。原口も勝負強いところを見せてくれた。

2−2の同点で迎えた8回、マテオが先頭のウィーラーに四球を出して、島内のタイムリーと原口のエラーで2点を失った。それでも8回裏は上位打線からの攻撃。2点差ならまだ可能性はあった。ところが、代わった遼馬がいきなり四球を出して満塁にすると、ペゲーロにバックスクリーンへグランドスラムを打たれて試合が壊れた。

マテオが先頭バッターを出したところで悪い予感はあった。オリックス戦でリリーフに失敗したときも、先頭バッターへの四球から崩れた。どうも四球から失点するケースが多いように感じる。防御率は1.80だが、そこまで安定感があるように思えないのはそのへんなんやろなあ。
遼馬は2点ビハインドの状況をどう考えてマウンドに立ったんやろ。嫌な点の取られ方でマテオが降りたので、敗戦処理のつもりやったんかな。

岩崎もこの日はあまりよくなかった。「こんな日もある」という感じやったんかな。
7回に岩崎の残した無死1・2塁を、桑原が3者連続三振で切り抜けた。素晴らしいピッチングだったが、ベンチの本音は桑原を使いたくなかったんやと思う。

梅野のバント失敗とセカンドへの暴投、盪海料塁ミスなど、「らしくない」プレーやちょっとした隙があった。そのしわ寄せが8回に来たのかもしれない。
勝ててもおかしくない試合だっただけに残念やね。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/345362

トラックバック