虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 大山の一振りで連敗をストップ | main | 台風の影響で新潟の試合が中止 >>

打線に反発力が戻り、久し振りのカード勝ち越し
一度は逆転されるものの、直ぐさま再逆転。糸井にもホームランが出て、4カード振りに勝ち越した。

ファームの試合で、藤浪が5回にD石垣の頭に死球を当ててしまい、危険球退場になった。2回に3連続押し出し四死球を出し、4回0/3を7安打7失点7四死球の大荒れ。フォームを見失って直せないらしい。こんな状態やったら、1からフォームを作り直さなアカンのちゃうか。

2回に大山、盪魁大和の3連打で1点を先制。3人とも初球打ち。大山の積極性が後の2人を引っ張ったかな。岡崎も流れに乗って、初球ストライクを打てばよかったのに。

3点取られて逆転された直後の6回裏、福留のツーベースを足掛かりに、大山、中谷のタイムリーとバッテリーエラーで再逆転。打線のしぶとさが戻ってきた。
福留は1ヶ月ぶりの長打。2塁から一気にホームインした走塁も見事な判断だった。これが不振脱出のきっかけになればええね。
大山は2戦連続の打点。守備でも潑剌としたところを見せてくれて、チームに勢いをつけてくれている。
代打で出た中谷は、1戦目のミスを取り返すバッティング。ランナーをスタートさせていたので、三振もポップフライもダメな状況。しっかりと転がした打球がショート大引のグラブを掠めてセンター前に抜けた。

その後、バッテリーエラーで1点をもらって再逆転すると、7回には糸井にソロホームランが飛び出した。
すぐに中押し出来たのがええね。しばらくこう言うのを見てなかった。
糸井は1ヶ月ぶりのホームラン。ライトポール際へのラッキーなホームランだったが、勝敗を分ける大きな意味のあるホームランだった。

岩貞は5回まで無失点ピッチングだったが、6回に山田のヒット、バレンティンのツーベースで無死2・3塁のピンチを背負うと、荒木にスリーベースを打たれて逆転される。更に大引にスクイズを決められて、この回3点を失った。
球数はそれほど多くなかったので、疲れではないと思う。打順が3巡目に入って、配球を変えたんかな。ヒット多め、三振少なめだったが、6回3失点は悪くない内容。次は7回まで投げて欲しい。

マテオが8回無死からバレンティン、荒木に連打を浴びて、そこから内野ゴロの間に1点を失う。
先頭バッターを出すと、ほぼ確実に失点している。僅差の試合で先頭バッターを出したときはキャッチャーが行くとか、内野が集まるとか、ちょっと間を取って欲しいもんやね。



阪急、オリックス、日本ハムの監督だった上田利治氏が肺炎で亡くなられた。
阪急−ヤクルトの日本シリーズで、大杉のホームランを巡って長時間の抗議をしたのは今でも記憶に残っている。
御冥福をお祈りします。



auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/345668

トラックバック