虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< ピッチャーが違ってもやっぱり貧打 | main | 倉敷で暑気払いの大勝 >>

糸原、殊勲のサヨナラ打
拙攻、サインミス、投手陣の乱調、すべてが糸原の一打に救われた。

9回裏、2死から中谷がヒットで出塁し、荒木が四球を選んで1・2塁。糸原、高めストレートを振り抜き、前進守備のセンターの頭を越すツーベースでサヨナラ勝ち。
何点取っても投手陣がリードを守れなかった試合。勝ちパターンの投手陣を出してしまっていたので、9回でケリをつけてくれて助かった。

糸原はツーベース3本とホームランの4安打3打点。2回のツーベースはフェンス直撃、5回のホームランは右中間へと、パワーも見せてくれた。山口、マシソンのストレートに振り負けないスイングがええね。

中谷は3回に先制となるツーランを放った。これでチーム単独トップの9本目。初回の1死満塁で三振するなど、まだまだ不満な点はあるがこのパワーは魅力。ロジャースが来たら中谷をどう起用するか、首脳陣も悩んでるやろね。

この試合、勝てないチームにありがちなプレーが目立った。

2回無死2塁の場面で岡崎にバントを指示するが空振りの三振。続く岩貞にはそのまま打たせて三振。
どうしてもランナーを3塁に進めたいのなら、岩貞もバントでよかった。もっと言えば、岡崎は普通に打たせておいて、ランナーが進塁できなかったら岩貞にバントさせればいい。あまりにも点が取れないので、ベンチの采配もおかしくなっているように見える。

5回には二走福留が盪海梁農覆波瑤喀个靴討靴泙ぁ▲ャッチャーからの牽制に刺された。
動くような状況ではなかったので、多分福留がサインを勘違いしたんだと思う。罰金ものの大チョンボ。キャプテンがこんなミスをしてたらアカンわ。

岩貞は序盤こそノーヒットピッチングだったが、2巡目から打たれ出した。5回3失点だったものの点の取られ方が悪過ぎる。岡崎ともども反省やね。

ドリスがまさかの3失点。先頭を歩かせたところで悪い予感はしていたが、あわや逆転というところまで追い詰められるとは思ってなかった。
ドリスが打たれたのは仕方ないにしても、なぜ内野が集まったり、声かけしなかったのか。香田コーチが間を取りに行くこともなかった。ピッチャーを孤立させないような気遣いが必要ちゃうかな。

気合いを入れ直して前半戦最後のカードに臨んで欲しい。




auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/345848

トラックバック