虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< ロジャース2連発、ヤクルトに大勝 | main | メッセンジャー初HR、投げても8回無失点 >>

投壊と拙攻でヤクルトの連敗を止める
投手陣が7四死球の大荒れ。打つ方も中谷のスリーバント失敗で流れを掴めなかった。

マテオが腰の張りでファーム落ち。深刻な状況ではなく、休養を兼ねた抹消らしい。代りにメンデスが登録された。
能見の登録に伴って荒木を抹消。盪海鰺遒箸垢隼廚辰討い燭里念娚阿世辰拭

ロジャースを5番に下げて、3番に中谷。前日に打線が繋がったのになぜ打順を変えるかなあ。

能見が初回先頭の坂口にストレートの四球を出し、山田にツーランを打たれて先制される。2回にも先頭の飯原にストレートの四球を与え、西口、坂口のタイムリーで2点を失った。3回、4回は立ち直りを見せたが、5回に1死1・3塁のピンチを背負ったところでノックアウト。
2番手遼馬もイニングまたぎの6回にツーベースと四球でピンチを招く。岩崎にスイッチするが、いきなり四球で満塁。なんとか2死までこぎつけるが、その後死球、四球で2点を献上。

およそ能見らしくないピッチング。感覚のズレを取り戻すのに時間がかかってしまった。登板間隔が開いてしまったのが原因なんやろか。
遼馬は5回のピンチを辛うじて切り抜けたが、やっぱりイニングまたぎで打たれた。こういうところがあるから信用できんのよなあ。
岩崎はここ何試合か連続で点を取られている。試合展開に関係なく汎用的に使われているので、疲れが溜まっているのかもしれない。休ませてやりたいけど、遼馬があんな調子ではなあ。

打線は2回にロジャース、鳥谷が四球で出塁。牽制悪送球で2・3塁になって、大和の2点タイムリーで一時は同点に追いついた。しかし、由規から打ったヒットはこの1本だけ。由規は能見と同じぐらい調子が悪かったのに、拙攻でチャンスを広げる事ができなかった。

6回、先頭の西岡が内野安打で出塁し、上本四球で無死1・2塁。クリーンアップに打順が回り、同点に追いつくチャンス、ところが、この場面で中谷がスリーバントに失敗。福留、ロジャースも見逃し三振に倒れてチャンスを活かせなかった。これで流れが完全にヤクルトに向き、直後に中継ぎの乱調で2点を取られる事になった。

バントをしたことのない中谷に、難しいケースの送りバントを命じたベンチもベンチだが、あまりにも中谷のバントが酷かった。ちゃんとバットに当てて、それでサードでアウトなら、サインを出したベンチの責任。でも、このケースは明らかに中谷のミス。
初球高めストレートをバントで空振り。西岡がキャッチャーからの牽制で危うくアウトになるところだった。2球目のアウトローのストレートを見逃して追い込まれると、3球目のワンバウンドになりそうなスライダーをバントしにいってファール。いくら慣れていないとは言っても、ストライクボールの見極めぐらいはせなアカンよ。
初回もフルカウントからボール球を空振りし、スタートを切っていた西岡が、セカンドで刺されて三振ゲッツーになった。この試合だけでなく、これまでも打席で状況判断が出来ていない事が多い。チームトップのホームラン数なのにレギュラーに定着出来ない理由をよく考えて欲しい。

メンデスが1軍初登板。急遽移動しての登板にしては、よかったんちゃうかな。首脳陣がマテオとの入れ替えに悩むぐらいの活躍をして貰いたい。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/346064

トラックバック