虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 岩貞、1球に泣くも次に繋がる好投 | main | 岩田、2シーズンぶりの勝利 >>

反撃届かず3位転落
盤に反撃を開始するおのの、ミスで点差を広げられ、最終回の追い上げも届かず。とうとうDeNAに追い抜かれて3位に転落した。

終西岡がベンチスタート。1番に盪海鯑れ、5番にレフト大山。この日は大山の守備が影響してしまった。技術的なミスは仕方ないとしても、声かけなど出来る事はちゃんとしような。

小野は2回、宮崎に死球を当てて先頭バッターを出す。ここから戸柱、梶谷の連打で1点を先制されると、倉本にもタイムリーを浴びて2点を追加される。更に連続四死球で満塁になるが、ロペスの強烈なサードゴロを鳥谷が仰け反りながら獲って、なんとか3失点で切り抜けた。
5回には先頭ロペスのツーベースから、犠牲フライで1点を失い、5回4失点で降板。

死球を当てたときに宮崎に睨まれて、そこからインコースを厳しく攻められなくなったような感じがする。特にこのイニングはボールが真ん中に集まったり、高めに浮いたりで、デビュー当時のような状態だった。
5回は大山の守備やピッチャー強襲ヒットなど、不運な面もあったが、相変わらず3巡目の対応が十分でないと言うことかもしれない。

ロジャースがツーベースとホームランの2安打。甲子園初のホームランはバックスクリーンへライナーで運んだ。
このホームランから終盤の反撃が始まったので、価値のある一発だったと思う。やはり4番が打つと、チームが勢いに乗る。
フォームを見るとそれほど力感を感じないが、スイングスピードの速さでカバーしてるんやろか。

中谷が7回2死1・3塁の場面で代打で登場。ライト前にタイムリーを放ち、1点差に迫った。
打撃が完全に崩れている盪海鬟好織瓮鵑濃箸ι要があるんやろか。中谷はケースバッティングには疑問が残るが、自由に打てる場面では力を出してくれる。それに対して、盪海魯丱奪箸謀てるのも一苦労の状態。守備面も考えて中谷をスタメンで起用するべきやと思う。

その中谷、守備ではセンターへの浅いライナーにチャージして失敗。グラブの土手に当ててツーベースにしてしまった。つっこまなくてもよかったのにという声もあるが、グラブに当ててるんだから判断ミスではない。思い切ったプレーのミスは仕方ない。
それより、柴田の左中間のフライを大山とお見合いしてタイムリーツーベースにしたのがまずかった。ルーキーが不慣れなレフトを守ってるんやから、経験の長い中谷がカバーしないといけない。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/346142

トラックバック