虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 最終回の粘りで逆転勝ち | main | メッセンジャー完封勝利 >>

3点差逃げ切れずに延長引き分け
ドリスの乱調で9回3点差を追いつかれて、結局ドロー。夏向けのヒヤヒヤする試合やった。

小野を抹消して森越を登録。小野を落とす理由はないので、たんなる夏休みなんやろね。中継ぎにも休みを与えて欲しいけど、穴を埋めてくれるピッチャーが居らんからなあ、

初回、九里の立ち上がりを攻め、福留から5連打で一気に4点を奪う。4回には盪魁⊂緞椶力打でもう1点を追加した。
打線の方はまずまず。ただ、2番手以降のピッチャーを打てなかったのは課題やね。

先発岩田は、初回のピンチを1点で切り抜け、2回以降は3イニング連続で3者凡退に抑える好投を見せる。5回、1死1・3塁で田中をセカンドゴロに仕留めるが、上本が弾いてゲッツーならず。その間に2点目を失った。6回、1死1・3塁になったところで桑原にスイッチ。桑原はここを併殺で切り抜けると、7回も広島打線をぴしゃりと抑えた。

岩田はを6回を投げきれなかったが、それでも広島打線を2点に抑える事が出来た。この調子で、出遅れた分を取り戻して欲しい。
桑原はいつも通りの安定感。当たり前のように抑える裏では色んな努力があるんやろなあ。

8回マテオが先頭に四球を出しながらも無失点で抑え、3点リードで9回はドリス。少々打たれても3点あれば安心と思っていたが、そんなに甘くなかった。いきなり新井、エルドレッドに連打を浴びて無死1・2塁。どちらも当りはよくなかったのになあ。安部は三振に打ち取るが、松山、西川に連続タイムリーを打たれて、あっという間に3点差を追いつかれた。

ドリスが3失点するのは一月振り。大体月に1回はどこかで打たれていて、たまたま今月はここで出てしまった。新井、エルドレッドのヒットは、ドリスからすると打ち取った当り。たまたま野手の間に飛んだのが不運だった。
この日のドリスは変化球主体のピッチング。これは坂本がストレートを狙われていると感じ取ったからなんやろか。それとも相手を幻惑しようとしたんやろか。ストレートを軸にリードして欲しかった。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/346307

トラックバック