虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 秋山アクシデントも完璧リリーフ | main | 岩貞ノックアウト、試合途中で鳴尾浜に強制送還 >>

ギリギリ逃げ切りで4連勝
流れがあっちへ行ったり、こっちに来たりのシーソーゲーム。最後まで落ち着かない試合だったが、なんとか逃げ切り成功。

秋山が試合前の練習に参加。登録抹消はしないらしい。症状が軽くてよかった。

鳥谷と上本を休ませ、大山と北條をスタメンで起用。内野はほぼ固定されていたので、このやり方は大賛成。

能見は福留、大山の連続エラーで1点を失うものの、3回までは安定したピッチングを見せていた。味方が逆転してくれた直後の4回表に、バレンティンにソロ、リベロにツーランを浴びて再逆転された。
ここのところ投げる度にホームランを打たれている。能見にもそろそろリフレッシュが必要なんやろなあ。岩田が戻ってきたし、青柳も上で投げる目処が立ったらしいので、そろそろ夏休みを取らせてもええんちゃうかな。

伊藤隼が7回のチャンスに北條の代打で登場。2ボールからの低めのストレートをすくい上げ、バックスクリーンへ逆転スリーランを放り込んだ。
監督は盪海伊藤隼か迷ったが、片岡コーチの進言で伊藤隼を出したらしい。多分、試合前の打撃練習で打ちそうな気配があったんやろ。それでもホームランまでは期待してなかったと思う。最高の結果を出してくれた。
盪海汎韻犬、伊藤隼も六大学出身のドラ1。そこそこの打撃成績を残せる実力は持っている。いかんせん、守備がさっぱりなのでレギュラーでは使いにくい。どうしても代打での起用になってしまう。3割打っていても、チャンスで出てくるだけに、凡退するとそっちの方が目立ってしまう損な役回り。この日のホームランが「代打」から「代打の切り札」に変わるきっかけになればええね。

1番に入った俊介が自身初の4安打。7回の4打席目はさすがにヒットは出んやろと思っていたが、見事な右打ちで繋いで伊藤隼の逆転弾を演出した。
スタメン起用された試合のほとんどでヒットを打っている。若手の成長にばかり注目しがちだが、ひょっとすると俊介も人知れず進化しているのかもしれんね。

ドリスは先頭バッターを振り逃げで出すと、そこからドタバタが始まった。1点を失って、尚もピンチ。なんとか最後のバッターをピッチャーゴロに打ち取ったときも、1塁送球を焦って少し逸れた。
ランナーを出してしまうと、どうしてもピシャッと抑えられない。ひょっとするとセットポジションに問題があるのかもしれんなあ。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/346374

トラックバック