虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 足でかき回して快勝も… | main | 秋山、二刀流張りの活躍 >>

楽勝ムード一転、最後はヒヤヒヤ逃げ切り
楽勝ムードだったのに終盤に追い上げられて最後は絶体絶命のピンチ。なんとか逃げ切れてよかった。これで逆転されてたらトラウマになるわ。

上本は左膝前十字靭帯損傷らしい。本当なら1か月では復帰できそうにないなあ。
代わりに鳥谷が1番セカンドで出場。この日は2安打2打点の活躍。チームのピンチは控え選手のチャンスでもある。これをきっかけにして、バッティングの状態を上げて行って欲しい。

6回無死満塁で盪海大きな犠牲フライ。打った瞬間、「入った」と思ったのに浜風に押し戻されて、フェンス際でキャッチされた。普通の球場なら文句なしのグランドスラムやったのに、残念やったなあ。

岩貞が7安打3四球ながら6回1失点に抑えて2勝目。粘りを見せたと言うより、中日打線に助けられたと言った方がいい。広島や読売が相手だったら、この日の内容ではもっと点を取られていたと思う。次回のマウンドに期待したい。

リリーフ陣もピリッとしなかった。香田コーチも頭が痛いやろなあ。
7回に高橋聡が3人で切っておけば、大量リードのまま、すんなりと勝てたと思う。2死からの連続ヒットが余分だった。
8回に石崎がスリーランを打たれて、中日打線を生き返らせてしまった。点差が離れていたので甘く考えてたか?
9回先頭のアルモンテのホームランで2点差に迫られ、その後もヒット3本で1死満塁の大ピンチ。しかし、ここは松井雅、工藤を打ち取って切り抜けた。中日が工藤以外の野手を使い切っていたのに救われた。

次は読売、広島との連戦。打線が少々点を取ったところで、投手陣がこんな事では勝てんよ。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/351067

トラックバック