虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 青柳今シーズン初勝利、俊介大暴れ | main | 岩貞、誕生日に広島戦初勝利 >>

1点差守りきれず延長12回サヨナラ負け
メッセンジャーの日米通算100勝目がまたもお預け。今度こそ達成やた思ってたんやけどなあ。

台風21号は想像以上に猛烈だった。被害を受けた方にお見舞い申し上げます。
我が家も、ベランダの隣との壁が破壊されたり、テレビが映らなくなったりと、少なからず被害があった。お陰でこの日はラジオで観戦する事になった。

メッセンジャーが7回を3失点。細かなピッチング内容まではわからないが、広島打線を4安打に抑えたのだから、相当調子がよかったんやろ。降板した時点でリードしていたのだから、逃げ切らなければならなかった。

結局、球児が同点にされ、延長12回裏にドリスがサヨナラを許す事になったが、リリーフが悪かったというより、広島打線の点の取り方の方が上手かったというしかない。
メッセンジャーの3回の失点も、球児、ドリスの失点も、ノーアウトのランナーを2塁に送られて、その後にタイムリーを打たれたもの。得点圏にランナーを進めれば、確実に点を取れる打線。広島が独走してる理由はこの辺りなんやろなあ。

それに対して阪神打線は2桁安打で4点だけ。ジョンソンに対していい攻撃を仕掛けたが、止めを刺すまでには至らなかった。
点の取り方は悪くなかった。ただ得点圏にランナーを置いたときの貪欲さがちょっと足りなかっただけ。

俊介が連日の猛打賞。盪海鬘鰻嚇佻燭垢誅辰盻个討い襪里如必死でアピールしてるんやろね。唯一の中堅として意地を見せ続けて欲しい。

梅野が盗塁を3つ刺して、広島の機動力を阻止。今後の相手の作戦にも影響を与えそうな素晴らしいプレーだった。

auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/353135

トラックバック