虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 泥沼、甲子園で8連敗 | main | 今季14度目の完封負けで後が無くなる >>

島田、初打点はサヨナラタイムリー
地道に積み重ねたリードをソトの一発でチャラにされて延長に突入。10回裏、2死満塁で島田がライト前へタイムリーを放ち、ようやく連敗をストップ。

糸原が申告敬遠されて、バッターは島田。内野手を使い切っていたので代打は送れない。チャンスなのに手が打てない。そんな場面でよくタイムリーを打ってくれた。高めの変化球だったが、しっかり上から叩いたのがヒットに繋がった。

阪神球団はあまり背番号を大事にしない。53も単なる空き番号として使われて来た。それか、ようやく駿足の島田に与えられた。背番号53が溌剌とセンターを守る姿が見たいと思っているファンも多い。赤星2世を目指して、来季の開幕スタメンを獲れるように頑張れ。

この日の藤浪は少し荒れ気味だったが、それでも6回まで2安打無失点の好投。7回に四死球でランナーをためたところで、ソトに一発を喰らって勝ち星を逃してしまった。

ラストイニングで手痛いホームランを打たれてしまったものの、内容は悪くない。荒れ球がいい具合に持ち味になってるんかな。ボールが抜けるときの対処方法もあるようだし、以前のようにどうしょうもない状態にはならないと思う。

それにしても、またもやソト。この選手にどれだけ打たれている事か。DeNA最終戦ではきっちりとやり返して貰いたい。

宮崎で行われたファーム日本選手権は、阪神が読売を抑えて日本一になった。
1軍では結果を出せなかった盪魁江越、板山といった顔ぶれが、本来の力を発揮した。矢野監督のミスを恐れるなという指導の賜物やね。
auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/353713

トラックバック