虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 5点差追いつくも、誤審で試合が壊れる | main | コリジョンルールと鳥谷のホームゲッツーで3連敗 >>

能見が粘りを見せるも、初物打てずにカード負け越し
山田に打たれるわ、原樹理は打てんわ、魚は降ってくるわでヤクルトに連敗。能見が苦しいピッチングしながらも踏ん張ってくれたというのになあ。

福留が4番でスタメン復帰。まだ全力疾走が出来ない状態でなぜスタメンで出すのか理解できんわ。大和をセンターに持って行って、セカンドは上本でええんちゃう。

能見は初回、ヒットの川端を1塁に置いて、山田にレフトへ一発を浴びる。果敢に初球インコースを攻めたのが高めに浮いてしまったのも原因だが、山田がインコースを読んでいたように見えた。
6回まで5安打5四球。振り逃げあり、エラーありで毎回ランナーを背負う苦しいピッチングの能見。しかし、2回以降は追加点を許さなかった。北條の強い肩、鳥谷の頭脳的なプレーも能見を救った。

7回は高橋。先頭川端をヒットで出すと、山田にツーベースを打たれて追加点を許した。
高橋の役割がいまいち見えない。川端の後は右が続くところなので、ここは安藤でよかったように思う。

打線はヤクルト先発の原樹理シュートを意識し過ぎたのか、6回まで無得点。7回にようやく盪海離織ぅ爛蝓爾韮嬰世鮹イ辰拭
ここでヤクルトはあっさりと秋吉にスイッチ。大和が簡単に打ち取られて1点止まり。その後も8回ルーキ、9回オンドルセクの前に点が取れなかった。

あまりいいところが無かった打線の中で、北條の3安打が光っていた。特に最終回のレフト線へのツーベースは火の出るような鋭い打球だった。8番に置いてるのはもったいないと思う。

auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/337257

トラックバック

ゴールデンウィーク、ラストデー。今日も甲子園で過ごしました。長いようで、あっという間の10連休でした。 今日もまずはガラコロで運試し。最後の最後に当たり出て、チケットホルダーを戴けました。幸先いい最終日のスタート…のつもりでしたが。 昼の腹ごしらえは、
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/05/10 8:01 PM