虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 村上交代の是非 | main | 青柳KO、横浜スタジアムでの連敗続く >>

渡邉諒、初スタメンで大活躍
1点しか取れなかった打線がこの日は4点を奪って勝利。代わりに読売が12安打1得点。拙攻という訳では無かったが、こっちの守りが堅かった。

不振の佐藤輝はベンチスタート。渡邉諒が3番サードでスタメン起用された。ノイジーを5番に配して、6番に梅野、7番板山の布陣にした。これが見事に嵌まり、1点打線を解消した。

この日のヒーローは渡邉諒。第2打席でソロホームランを放ち、守備でもピンチの場面で三遊間をライナーで抜きそうな打球を華麗にキャッチ。ホームランは2年ぶり、サードの守備はほとんど経験が無いというのに、佐藤輝以上の働きを見せてくれた。
昨年のオフに日ハムから江越、齋藤友貴哉との交換トレードで矍世閥Δ乏容世靴秦手。このトレードは岡田監督が主導したトレードだったのかもなあ。高く評価していたから、キャンプからずっと1軍だったのかもしれない。
一方の佐藤輝は、代打で出場したもののタイミングを外されて三振に終わった。打席ごとに悪くなっているように見える。

西純は6回を1失点。9安打もされてよく踏ん張った。その背景には渡邉諒のファインプレーをはじめ、野手の堅い守りに助けられた。
板山のレーザービーム、木浪のスライディングキャッチからのゲッツー完成、中野の1・2塁間を抜かれたかという打球をアウトにしたところなど。シーズン最多失策を続けていたチームとは思えない、素晴らしい守りを見せてくれた。

昨日、岡本にホームランを打たれて、村上の勝ち星を消した石井が8回に登板。そして、またも先頭バッターは岡本。初球、昨日と同じようにストレートを投げ、センターフライに打ち取った。先を見越して不安を早めに解消しておく、岡田監督ならではの采配だったと思う。
auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/371350

トラックバック