虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< ロード最終戦も負け | main | スタンリッジ、初回の1点に泣く >>

狩野の一発がモヤモヤを吹き飛ばした
1ヶ月に2度目の満月をブルームーンと言って、これを見ると幸せになれるらしい。それで色んなラッキーな事が起こって勝てたんかもなあ。
ブルームーン


右のバリントンに対して2番大和を起用。これは大きな進歩。このまま2番センターで固定して欲しい。

初回、上本の1塁線への高いバウンドのゴロが内野安打になると、大和の送りバントをバリントンが1塁へ悪送球してチャンスを広げる。続く鳥谷のライト前タイムリーで1点を先制すると、良太のサードゴロを堂林が弾いて無死満塁。一気にバリントンを打ち崩す大チャンス。

しかし、金本はピッチャーゴロで大和が本塁封殺。バリントンがいったんボールを弾き、さらにバックホームするときにボールを握り直していたので、ひょっとするとセーフになるのではと思ったが、そうそうまずいプレーは続かんわな。ブラゼルは高めのボール球を振らされて三振、平野はセンターフライに倒れて、結局1点止まりに終わる。相手の拙守を拙攻で助けてしまった。

2回には藤井をセカンドに置いて大和がレフト前ヒットを打つが、藤井が本塁憤死。レフト天谷が猛烈なチャージをかけていて、打球を処理したのは内野近く。このとき藤井はサードを回ったところだったので、本塁突入は明らかに無謀。早い回なのでどんどん攻めるという考えもあるだろうが、確率0で腕を回してもなあ。広島にとっては2死1・3塁で鳥谷の方がよっぽど嫌やったと思う。

この後、バリントンも調子を取り戻し、チャンスらしいチャンスももらえず中盤まで試合は進む。そして、6回裏に問題のプレーが起きた。

ブラゼル、平野のヒットで1・3塁。藤井のピッチャーゴロで、3塁ランナー代走坂が三本間に挟まれる間にランナーが2・3塁に進み、バッターは能見。1−1からの3球目、スクイズを敢行するも、広島バッテリーは外角高めにウエスト。なんとかバットに当ててファールにしたが、これを主審の橘發空振りと判定。スタートを切っていた平野がそのままホームインして1点が入った。空振りならワイルドピッチかパスボールの間の得点になるはずなんやけど、記録はホームスチール。公式記録員も悩んだやろね。
セカンドランナー藤井はベンチからの回れの指示があったのにセカンドに戻ってそのまま留まった。ファールなのになぜと思ったんやろね。

当然、広島野村監督は抗議に飛び出して来て、「絶対当たってる」と連呼するが、橘發糧縦蠅亙い蕕此9概弔5分を経過して、遅延行為で退場処分となった。橘發魯献礇鵐僖ぅ以前に審判としての技量に欠けるわ。判定もそうやし、抗議されたときの対応も問題あり。ノムケンに同情するわ。
これを書いていて思い出したが、何年か前に横浜球場で石井琢朗のファールをワイルドピッチと判定され、激怒した矢野が審判を突いて退場になったのを思い出した。あのときの審判は有隅やったかな。

2点差でリードしているものの、相手のミスと審判の誤審で貰った2点。このまま勝っても後味が悪いところだったが、8回に代打で出てきた狩野がレフトへ2年ぶりのホームラン。モヤモヤしたものすべて吹き飛ばす、価値ある一発だった。
正直なところ、1軍に上がって来たときは、若手に経験を積ませて欲しいのに、なんでいまさら狩野なんやと思っていたが、こんな復活の姿を見せられると、また応援したなるやん。

能見は8回を3安打に抑える好投。イニングの先頭をきっちりと討ち取り、安定したピッチングを見せていた。
6回2死から赤松に四球を出したときはちょっと嫌な予感がした。菊池のヒットでクリーンアップに繋がれ、悪い予感的中と思ったが、梵をサードファールフライに打ち取って難を逃れた。ピンチらしいピンチはこの1イニングだけ。このまま完封出来そうな雰囲気だったが、8回裏に代打を送られて降板。球児に後を託す。

球児は1死1・2塁で代打前田智を迎える。しつこく粘られるものの1塁ゴロに仕留めると、続く松山をライトフライに打ち取ってゲームセット。

終わりよければすべてよしの典型の様な試合。中盤までの2点だけだったら、訳のわからん勝ち方の試合になっていたところ。狩野のホームランが救ってくれた。ブルームーンのおかげやったんかな。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(7) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/295722

トラックバック

解説の真弓さん、そこはトボけとかな・・・
2×2+1 | 2012/09/01 12:49 PM
[画像] 阪神3−0広島 広 島 000000000=0 阪 神 10000101×=3 通算=42勝61敗12分 対広島17回戦(阪神8勝8敗1分) 【投手】 阪神=☆能見(7勝9敗)−S藤川(2勝2敗21S) 広島=★バリントン(6勝11敗)−河内−横山
虎虎虎 | 2012/09/01 2:56 PM
阪神3−0広島広 島 000000000=0阪 神 10000101×=3通算=
虎虎虎「ミラー版」 | 2012/09/01 2:56 PM
○阪神3−0広島●/甲子園球場 懐かしき1ヶ月ぶりの聖地・甲子園・・・ 先発した能見は 久しブリの照り焼きは美味しい… 四隅のコーナーへキチッと投げ分けられたように感じる。 特に右...
勇皇の気炎万笑〜野球と虎道楽〜 | 2012/09/01 4:36 PM
(甲子園) 広 島000 000 000=0 阪 神100 001 01X=3 <投手> (広)バリントン−河内−横山 (神)能見−藤川球 ○能見7勝9敗 S藤川球2勝2敗21S ●バリントン6勝11敗 <本塁打> (神)狩野1号ソロ=8回裏 久しぶりの聖
FUKUHIROのブログ・其の参 | 2012/09/01 6:32 PM
 久しぶりの快勝。気持ちが多少はすっきりかな。  阪神先発は能見、広島はバリントン。  1回裏に0アウト1塁3塁で鳥谷が先制のタイムリーを放つ。  その後は得点できずに経過。1回3回にもっと得点せんといかんわな。  6回裏、1アウト2塁3塁で、能見
成り行きアラカルト日記 | 2012/09/02 3:19 PM
長期ロードでは借金を7つ増やしてしまい、久々に甲子園に帰還。 金曜日からの甲子園での広島3連戦、その初戦の試合結果は、3−0で阪神完封勝利。 試合内容については、阪神公式サイト、日刊スポーツなどで確認。 スタメンは、1番セカンド上本、2番センター大和、
大阪、おおさか、OSAKA(桜&虎&鉄版) | 2012/09/03 2:40 PM