虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 守屋にプロの洗礼、5回途中ノックアウト | main | 黒田を攻略できず、またも岩貞を見殺し >>

鳥谷6打点!乱打戦を制す!
想定外の乱打戦。打ち勝つことができてよかった。

板山が1軍昇格。これでまた外野のポジション争いが激しくなりそうやね。球児が戻って来るまでやと思うが、しっかりとアピールするんやで。

初回に3点を奪うが、その裏に4点取られて逆転される。すぐさま4点取り返すが、その後も小刻みな点の取り合いになって、最後まで試合の流れがどちらに転ぶかわからんかった。終盤は両チームとも打ち疲れたという感じで、なんとか3点差で逃げ切った。

19安打12得点と打ちまくった試合なので、もう誰がヒーローなのかわからんわ。
スタメン野手全員安打。岡崎以外はマルチ安打。大和、江越、ゴメスが3安打猛打賞。スタメン復帰した盪海錬完詑任慮任畭任繊
そして不振の続いていた鳥谷が2安打ながらも6打点の大活躍。2回の逆転スリーランは効果的な一打やった。 これで乱打戦を有利に進める事ができた。

しかし、これだけ打つと打線の状態がいいとか悪いとか以前に、相手ピッチャーの調子が悪すぎたとしか思えんわ。黒田相手にこれだけ打線が打つとは思えん。大振りになってしまって、さっぱり打てんようになるかもしれんなあ。

先発メッセンジャーは5回7失点の大乱調ながらも勝ち投手になった。岩貞にあやまっときやw
ブルペンとグラウンドのマウンドに違いがあるのが気になったと言ってるが、他のピッチャーがそういう事を言ってないので、感覚的なもんなんやと思う。それより、岡崎の配球が読まれているような気がして仕方ない。

auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(2) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/336814

トラックバック

今日も仕事帰りに前半は・・・というか、イニング的には序盤ですね。最初はABCラジオで、そして中盤以降は帰宅してJ Sports1でのテレビ観戦でした。解説は、ラジオが湯舟さん、テレビは山本浩二さん&池谷さんの、いつものコンビでした。
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/04/23 1:02 PM
 両軍併せて33安打21得点の近頃見たことない乱打戦。勝つには勝ったけど、最後までどうなるか解らんような試合やった。(対広島 4回戦 マツダ 12対9で勝ち)
なんやかんや、そしてTigers | 2016/04/23 11:40 PM