虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 能見、チーム完投一番乗り | main | 拙守拙攻のオンパレードで大敗 >>

藤浪が突如崩れて逆転負け
輝流ラインのユニフォームで全員がオールドスタイルで出場。すごく精悍に見えたんやけど、試合内容がついて行ってなかった。
輝流ラインのユニフォーム

この日は「伝統の一戦 人文字イベント」と称して、プレゼントのTシャツを着てHTマークを作ろうというもの。もうちょっと黒色がくっきりとしてたらよかったのにね。
伝統の一戦 人文字イベント


藤浪が5回まで1安打ピッチングを見せるも、6回に突然連打を浴びて逆転され、今シーズン初めての黒星を喫した。

この日は低めを意識したピッチングで、コントロールも安定していた。球数も少なく、中盤までは完投ペースだった。
好調だったことが逆に災いしたのかもなあ。制球がよかったことでボールが真ん中に集まっていた。荒れていない分、的が絞りやすかったんちゃうかな。早いカウントで打たれているので、梅野のリードも単調になっていたんやと思う。
7回は1番長野から3人をしっかりと抑えたので、あのイニングだけ流れに飲み込まれたという感じやった。

8回に高橋、9回安藤を投入したのはちょっと意外だった。中継ぎ投手の役割分担ができてないんやろか。それとも、ビハインドでも勝ちパターンの投手をどんどん投入するという方針なんやろか。

打線は3回に藤浪がツーベースを放つと、盪海裡盈櫂乾蹐鬟ャレットがエラーして1点を先制。その後満塁になって、久々にスタメン復帰した福留が犠牲フライを上げて1点を追加。しかし、続くゴメスがサードゴロゲッツーに倒れて追加点のチャンスを潰した。
4回には先頭の鳥谷がセンターオーバーのツーベースを放つも、北條のピッチャーゴロで飛び出してしまい、帰塁するがタッチアウト。その後ボールが1塁に転送されて、北條もアウトになってしまった。
流れが来ていたのにもったいない攻撃やった。


新井さんがあっさりと2000本安打をタイムリーツーベースで決めた。名球会に入って、またアニキに弄られるんやろなあw

auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(2) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/336926

トラックバック

今日から甲子園でのジャイアンツ戦。相手は首位チームですから、しっかりと叩いていきたいところ。 今日も最初は電車の中でABCラジオ。結局、7回ウラ二死1塁からの今成の打席からは、GAORAでのテレビ観戦。解説はラジオが吉田さん、そしてテレビは佐野さんでした。
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/04/27 8:29 PM
(甲子園) 巨 人000 004 010=5 阪 神002 000 010=3 <投手> (巨)高木−山口−マシソン−澤村 (神)藤浪−高橋−安藤 ○高木2勝1敗 S澤村3勝7S ●藤浪3勝1敗 先発・藤浪の6回表の4失点が痛かった…。 阪神−巨人4回戦
FUKUHIROのブログ・其の参 | 2016/04/27 9:12 PM