虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 藤浪また4失点、打線も元気なくナゴド4連敗 | main | 2戦連続の完封リレーでカード勝ち越し! >>

超変革打線爆発、横山余裕のプロ初勝利
横山が予想以上の素晴しいピッチングを見せた。前日決定打が出なかった打線もこの日は大爆発。ナゴヤドームでの連敗を止めた。

横山の課題はコントロール。この日も初回に荒木に四球を出して不安に感じたが、平田、ビシエドを打ち取って無難な立ち上がりを見せると、その後も完璧なまでのピッチングで、7回を3安打無失点。四球は初回の1つだけだった。
この日の主審のゾーンが広かったというのもあったが、その広いゾーンを利用し、緩急を上手く活かしたピッチング。
ピンチらしいピンチと言えば、4回先頭の荒木にツーベースを打たれたところ。平田をサードフライ、ビシエドは三振、ナニータをセカンドゴロと、相手クリーンアップを完璧に封じて切り抜けた。
榎田を挟んで、最後は石崎との新日鐵住金鹿島コンビで完封リレーで締めくくった。

好投する横山を打線が援護。吉見の状態が悪かったこともあって、打つわ打つわのお祭り状態。
序盤はチャンスを作りながらも決定打は出なかった。しかし打順が一廻りした4回に鳥谷の四球、福留のヒットでチャンスを作ると、ゴメス、板山に連続タイムリーが出た。そして原口のプロ初ホームランで一気5点のビッグイニングになった。
5回にも大和、鳥谷の連打でチャンスを作ると、ゴメスのタイムリーで中押し。仕上げは7回。ゴメス四球から板山、北條、原口の3連打でとどめを刺した。

盪海狼廚型兇蠅離好織瓮鵑覇睫邂詑韮暇棔最初のピッチャー返しは、足にさえ当たってなかったらセンター前のクリーンヒットやった。
器用すぎるために悪球もバットに当ててしまうところが残念やね。それが四球が少ない事に繋がっている。ボール球を見分けることが出来るようになれば、バッティングの状態を崩す事もなくなると思う。

ゴメスはこの日2安打3打点の活躍。際どいコースに手を出さず、よくボールが見えているようだった。

この日は下位打線の若手が大当たり。上位打線が作ったチャンスをゴメスが返し、残ったランナーを6−8番がきっちりと掃除した。
板山は3安打1打点でプロ初猛打賞。ここのところ江越、横田が調子を落としているので大きなアピールになった。
北條も流れに乗って1安打1打点。今成、良太を敢えて使わずに北條、陽川を起用して経験を積ませているのはええことやね。

そしてこの日はなんと言っても原口。4回のスリーランで圧倒的に試合を有利にすると、7回にはショートの頭を越える渋いタイムリー。
4回のホームランの前はいい当たりのファールを飛ばしていた。微妙なタイミングのズレを修正したんやろね。7回のタイムリーは詰まりながらも力で押し込んだ。今まで苦労してきた分、いろいろと引き出しが増えてるんやと思う。
守りの方でも横山の良さを十分に引き出した。それにしても、ここ数年の課題だった「打てる捕手」が、実は育成枠に居たとはなあ。

福留が足の張りのために4回で引っ込んだ。打線の軸として、居てくれないと困る選手だが、万全の状態になるまでファームに行ってもろた方がええと思う。

auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/337116

トラックバック

横山プロ初勝利!原口プロ初ホームラン!板山プロ初猛打賞! 今日もプロ入り初○○がたくさん収穫できましたね。今年のタイガース、まだまだ何かありそうです。
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/05/06 11:38 AM