虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 超変革打線爆発、横山余裕のプロ初勝利 | main | 岩貞3勝目、板山の先制タイムリーの2点を守り切る >>

2戦連続の完封リレーでカード勝ち越し!
メッセンジャーの好投と大和の一発。そして若手が守備で魅せた。

登板機会が当分ないとの事で横山を抹消。代わって坂本を登録。原口が正捕手の座を奪いつつある今、捕手としての出番は少ないと思う。まずは代打で結果を出して欲しい。

メッセンジャーが初めて原口とバッテリーを組んで、7回を3安打無失点の好投。岡崎と組んでいたときより安定していた。
リードした原口、ファインプレーでピンチを救った盪魁板山もナイスアシスト。

4回に原口のピッチャーライナーが小熊を直撃。顔面をかばった右腕に当たって降板。打撲で済んでよかった。

ナニータの守備に阻まれて小熊を打ち崩せず、緊急登板の山井にも抑えられて、ナゴヤドームらしい重苦しい展開の試合になった。
そんな中で、7回2死の場面で大和がレフトへホームランを放つ。今シーズンのテーマの「強く振る」を実戦する事が出来た。

1点リードしたがここはナゴヤドーム。前回のカードではマテオが打たれてサヨナラ負けした場所。ちょっとしたことで縺れる。
8回にドリスが先頭の大島に四球を与えてしまう。ここで中日ベンチが動いて、大島が盗塁を仕掛ける。タイミングは微妙だったが、原口がここしかないというところへ送球してアウト。これでおかしな流れを止めた。

ファームでは大量点差を跳ね返して引き分けに持ち込んだ。勢いだけでなく粘りの強いチームになってきた。

auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/337145

トラックバック

今日は参戦した甲子園のウェスタンリーグが長い試合になったので、テレビは見れず。一応、一球速報で随時チェックはしていましたが、展開が速くてついていってませんでした。試合が終って、ラジオを聴き始めたのが、8回表の攻撃で板山が三振でツーアウトになったくらい
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/05/07 9:59 AM