虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 踏んだり蹴ったりでロッテに3連敗 | main | 岡崎の好プレーで連敗をストップ >>

球児サヨナラ被弾で5連敗
頼みの球児がレアードにツーランを打たれてサヨナラ負け。

原口が負傷したことで急遽梅野を登録し、即スタメン起用。以前から原口の負担を減らすために、捕手3人制を敷いた方がいいと思っていた。
同時に伊藤和も登録され、守屋と島本を抹消。この入れ替えはよくわからんわ。

ヒットを打ってもなかなか点に繋がらない。ようやく点を取っても守りのミスで追いつかれる。なんとかリードを保って終盤を迎えるも、後のピッチャーが打たれてひっくり返される。今シーズン何度も見た光景が繰り返された。
うしろの投手陣が心配やね。今の使い方で秋までもつんやろか。

岩貞は4回までパーフェクトピッチング。結局5回以降に1点ずつ取られて、最後は足がつって降板するという締まりの無い終わり方をしてしまったが、内容は悪くなかったと思う。

問題は守りやね。
6回に四球のランナーを梅野の1塁牽制悪送球で3塁まで進めてしまう。杉谷のセーフティスクイズで3塁ランナーを三本間に挟むが、ランダウンプレーのスキを突かれてホームインされる。ビデオ判定の結果、アウトにはなったものの、打者走者の杉谷に3塁まで進まれてしまい。中田のタイムリーで同点に追いつかれた。
最近は守備のほころびから失点するのが多すぎる。これは超変革でスタメンがコロコロ変わるためかもしれない。まあ、ランダウンプレーの練習なんてキャンプ中ぐらいしかしてないもんなあ。

打線は5回までに10安打放ちながら、取った得点は2点だけ。最近は日替わりで誰かがブレーキになっている。
そんな中、盪海2本のタイムリーを含む、3安打3打点の活躍を見せた。悪い癖があったのを片岡コーチの指導で直したらしい。若手が打ち出したら、もうちょっと効率よく点が取れそうに思う。

9回に球児が打たれたが、ストレートの球速は140キロ後半が出ていた。そのストレートで追い込むも、最後のフォークがほんの少し甘くなった。あとボール1つ低かったらなあ。
シーズン途中に先発からクローザーへの転向は難しいかと思っていたが、それでも徐々に対応できて来たように見える。次に期待したい。

5連敗でこのままズルズルと後退しそうな危機。
今年は勝ち負けに一喜一憂せずに、若手の成長を見守ろうと思っているが、それでも負けが続くと気が滅入る。
もし暗黒時代のような状況になると、試合の緊張感がなくなり、育つものも育たなくなるんやないかと不安になる。

auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/338104

トラックバック

交流戦4カード目は札幌でのファイターズ戦。 ここまで4連敗を喫してしまいましたが、普段訪れることのない北海道の試合ということで、気分も変わって、いい流れを掴めるといいのですが・・・。 今日も前半ラジオ、後半テレビでの応援。ABCラジオはセッキーの解説、GAO
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/06/11 4:13 PM