虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 青柳KO、打線も打てずロッテに連敗 | main | 球児サヨナラ被弾で5連敗 >>

踏んだり蹴ったりでロッテに3連敗
藤浪がアクシデントで降板、原口も突き指で途中交代。3連敗も痛いが、そっちの方が深刻。

藤浪は右手親指打撲、原口は左手親指打撲。最悪の事態でなくてよかった。

藤浪がまたノーコンピッチャーに逆戻りして初回に2点を先制される。2回にも2点を追加され、ペースを掴む前に4失点。5回には清田のピッチャーライナーを右手に受けて負傷降板。
このイニングは榎田がしっかり抑えるが、5回に守屋が先頭矍世飽貳を浴びる。その後2死までこぎつけるも四球から崩れてこの回3失点。原口が親指を突き指するアクシデントも発生。

打線は4回に鳥谷、西岡の連打で1点を返すと、ゴメスが繋いでチャンスを広げ、福留の内野ゴロの間に2点目を奪う。しかし、点が入ったのはここだけ。5回の失点の直後のチャンスを潰したのを見て、負けを確信した。

藤浪は初回こそコントロールがままならず、ストライクを取りに行ったところを痛打されていた。2回は修正出来たように見えたが、どうも狙い打たれているような感じに見えた。藤浪も打たれて「あれ?」という顔をしている場面もあったので、配球が読まれていたのかもしれない。

打線はさっぱり繋がらなくなった。ヒットは出てもその後がさっぱり。下位打線を占めている若手選手が揃って壁にぶつかっている。これまで怖い物知らずでやってきたのに、打撃も守備もミスを恐れているように見える。
西岡が戻って来た今、初心に戻って開幕オーダーに戻して見てもええんちゃうか。どのみち今のままではアカンのやし。

矍世皀辧璽ぅ鵑鮗けるような選手に成長したか。他のセリーグとの試合でも頑張るんやで。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/338082

トラックバック

藤浪で連敗脱出を掛けた千葉での第3戦の今日も、前半はABCラジオで福本さんの解説、後半は立川さんの解説でTBSニュースバードの中継での応援でした。
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/06/10 10:42 PM