虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 監督の檄に奮起するも追いつけず | main | 球児、新井さんに打たれる >>

岩崎好投、原口の一発で交流戦を勝利で締める
交流戦終了。戦績は7勝11敗の8位タイ。最終戦になんとか勝って最下位は免れた。

オールスターファン投票の最終中間発表で、原口が保守部門1位、盪海箜位郤衂門3位に入った。最終結果は27日に発表される。最後まで順位がキープできたらええね。

ゴメスがこの日もスタメンを外れ、原口を3番ファーストに抜擢。この起用が当たった。前日のソフトバンク戦でもこうしとけばよかったのに。

岩崎と西の投げ合いになって7回までスコアボードに0が並ぶ。8回裏に原口が、佐藤達のスライダーを捉えてレフトポール際にツーランを放り込み、これが決勝点になった。

この日の岩崎はストレートの伸びが素晴らしかった。4回の2本は内野守備の問題として、それ以外の3本のヒットはすべてスライダーを打たれたもの。
ストレートの勢いは球数100球を越えても衰えなかった。7回2死満塁のピンチでは、渾身のストレートで中島を見逃し三振に打ち取って、無失点で降板した。
無失点で済んだのは相手がオリックスだったからだったと思う。4回無死1・2塁でクリーンアップを迎えた場面は岩崎が粘りを見せた。しかし、7回はクラークの各駅停車のような走塁に助けられた。普通の走者なら1点は取られていたやろね。

オリックス先発の西も6回を5安打無失点。こちらは粘ったというより、阪神打線が決めきれなかった。
チャンスで悉く中谷、北條に打席が回ったが、2人とも簡単に打ち取られた。
6回先頭の西岡がヒットで出塁すると、3番原口が送りバント。1塁が空けば福留が敬遠されるのは必至。ノー感じの中谷に代打を送ると思っていたが、金本監督は中谷をそのまま打席に立たせた。しかし、結局は相手バッテリーに翻弄されて三振。工夫や喰らいつく姿勢が見られなかったのが残念。

鳥谷はこの日もヒットなしで、とうとう25打席ノーヒット。辛うじて四球で繋いでいるという状況。
8回にお決まりの四球で出塁した事が原口のホームランを呼んだのかもしれんが、1番バッターの働きとしては物足りない。かと言って他に1番を任せられる選手は西岡ぐらい。そうすると今度は2番の仕事を確実にこなせる選手がいない。大和も北條も波が激しい。鳥谷にはなんとかリーグ戦再開までの3日間でリフレッシュして、復調してもらいたい。

原口の過去3打席は三振、三振、犠打。8回の4打席目もタイミングが合っていないような空振りをしていたので期待薄だった。それでも2−2からの5球目、アウトローのスライダーを捉えた。その前の4球目に同じ球を空振りしていたので、配球を読んでたのかもしれん。

ゴメスが8回に代打で登場。結果は平凡なセンターフライだったが、これでようやく連続三振が止まった。低めの球を見送って、少し気持ちに余裕が出て来たのかもしれない。

球児とドリスがパーフェクトリレー。球児は勝負勘を取り戻して来たように見える。ドリスは今がピーク。いつまで好調を維持できるかやね。


福留がこの日2安打を放ち、1500本安打を達成。そして、日米通算2000本安打まであと2本と迫った。大記録を前にプレッシャーなく打ち続けてくれてるのがなによりやね。
おめでとう、福留。

auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/338349

トラックバック

遂に今年の交流戦のラストゲーム。木曜の雨天中止を受けたバファローズとの関西ダービー。 今日もラジオ&テレビのコラボで、前半のABCラジオはセッキー、後半のスカイAは野口さんの解説でした。
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/06/21 9:34 PM