虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 岩貞完投勝利ならず、悪夢のサヨナラ負け | main | コリジョンルール適用見直しへ >>

北條のプレーに救われて連敗をストップ
投打が噛み合って連敗をストップ。北條のプレーがあってこその勝利やったと思う。

俊介の代りに江越を登録。外野守備が更に不安になる。

味方打線の援護を受けて、メッセンジャーが5回までパーフェクトピッチング。6回に突如崩れて1点差に迫られるが、その後リードを2点に広げてもらい、球児、ドリスで逃げ切った。

6回にメッセンジャーが突然バタバタした。あれは何やったんやろなあ。リードした状態でゲームが成立したことでホッとしたのかもしれない。試合を中断してもおかしくない雨の中、先頭バッターを四球で出したのでイライラしだしたんやろなあ。
7回には元のメッセンジャーに戻って3人でピシャリ。5回までは完全試合を達成しそうな勢いだったので、もったいないイニングやった。

6回表、1点差に迫られ、なおも無死1・3塁。ここからメッセンジャーが梶谷をサードフライ、筒香を空振り三振でツーアウトまでこぎつけるが、宮崎の打席で一走石川の盗塁を許し2・3塁となる。
宮崎の当たりは三遊間を抜けそうなゴロ。これを北條が倒れながらもキャッチ、すぐさま立ち上がって1塁へ送球してアウトにした。
抜けていれば一気に逆転された場面。難しいバウンドの打球をよく捕ったし、あの体制からよく1塁へ投げた。

7回、相手にもらった1死1・3塁のチャンスで北條がセンターへ犠牲フライを上げて、リードを2点に広げた。この1点があったからこそ、8回に球児が落着いてピンチを切り抜ける事が出来たんやと思う。

盪海1番レフトでスタメン復帰。5打席で2安打1犠飛と結果は残したが、低めのボール球に手を出したり、上体と下半身が同時にクルッと回る空振り三振もあった。結果オーライではアカンよ。

西岡が1塁ファールフライで2塁へタッチアップしたり、相手の意表を突くプッシュバントをしたりと、くせ者ぶりを発揮。こういう、なんとしても1点を取ろうとする姿勢を若手に見習ってもらいたい。

auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/338501

トラックバック

リーグ戦再開後、ズムスタで3タテ食らってしまったので、甲子園に戻って、今日からまた仕切り直しとなった試合は、今のところ、セ・リーグでは唯一勝ち越しているベイスターズとの3連戦。 今日も西の方は天気が悪いと聞いていたので、試合あるかなぁと思っていましたが
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/06/29 8:53 PM