虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 坂本フル出場、僅差の試合を辛くも逃げ切る | main | メッセンジャー、完封逃すもチーム10勝一番乗り >>

ミスの連鎖で勝ち試合を落とす
7回の攻撃で藤浪を打席に立たせ、このイニング3者連続三振に終わったところで潮目が変わったかなと思ってた。

タマスタ筑後でファーム戦に出場中の今成を緊急招集。1軍の試合後に連絡があるというのはよく聞くが、ファームの試合中というのは異例。代りに落としたのが岩貞なので、野手の誰かが怪我か急病で数日間出られなくなったんとちゃうやろか。岩貞を落としたことで藤浪と能見にしわ寄せが来る。藤浪はともかく、金本監督がそろそろ休ませたいと言っていた能見を中5日で投げさせるのは不自然やないかな。

2回に松山のソロで先制されるも、中盤に打線がコツコツと点を取って逆転する。藤浪は広島打線を6回まで2安打に抑えていたが、7回のピンチで自身とゴメスのタイムリーエラーで出て逆転される。直後に反撃のチャンスを作るが得点できず、最終回の代打攻勢も不発に終わる。

藤浪は、松山のホームランを除いては、ほぼ完璧なピッチングを見せていた。新井抜きとはいえ、広島打線を5回まで2安打1四球に抑えた。
しかし、6回になると制球が乱れ出し、四球を2つ出してピンチを招く。次のバッターはホームランを打たれている松山。この試合最大のピンチだったが、高めに目付をさせ、最後は低めのストレートで空振りの三振を奪ってこのピンチを逃れた。

キーポイントは7回。この回の攻撃は藤浪から。6回に全力を振り絞ってピンチを切り抜けたので、ここは代打を出すものと思っていた。しかし、そのまま打席に立たせて三振。続く盪魁江越も三振に倒れ、中盤3イニング連続で点を取っていた流れを切られた。

そしてその裏、藤浪は鈴木、安部に連続ヒットを打たれて無死1・2塁。會澤の送りバントを藤浪が取り損ね、慌てて1塁に投げるが大暴投になって1点を返される。
代打岩本を三振に打ち取ってようやく1アウト。続く田中も1塁ゴロに打ち取るが、ゴメスが足を滑らせてホームへ暴投し、その間に2者生還して逆転を許す。これで気持ちが切れたか、ヒットと犠牲フライで更に1点を奪われた。

藤浪は6回を終わったところで100球超えしていた。中5日での登板だったので、6回の乱れ方を見て降板させた方がよかったと思う。しかし、ここのところ中継ぎがフル回転している上に、球児も調子を落としている。ベンチは藤浪が限界とわかっていてもリリーフが出せなかったんやないかな。せめて7回は下位打線なので、藤浪に頑張ってもらおうと考えたんやろ。そして、マウンドに送り出したからには、エースの責任として、無死1・2塁になっても代えなかったんやと思う。
その後のエラーの連続はもうあきれるしかない。藤浪もゴメスもイップスとちゃうか。

打線は4回に鳥谷、福留の連続四球から原口のタイムリーで同点に追いつく。しかし、なおも無死1・2塁の場面でゴメスが三振し、スタートを切っていた福留がサードでアウトになった。フルカウントだったが、三振の多いゴメスなので、走らさなくてもよかったんちゃうかな。このイニングの九里は制球が乱れていたので、自重していれば一気に逆転できたかもしれない。

8回の鳥谷、福留の連続ヒットで無死1・2塁のチャンスを作るが、原口がセカンドゴロ併殺、ゴメス三振で1点も取れなかった。原口には強く引っ張って欲しかった。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/339485

トラックバック

今日は神戸の実家に帰省し、久しぶりにサンテレビボックス席でのテレビ観戦。福本さんと中田さんの解説でした。お二人の解説はラジオやCSの中継でも聴いているのですが、やはりサンテレビの中継は独特の雰囲気がありますよねぇ。懐かしいとともに、やっぱりタイガースの
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/08/14 10:45 AM