虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< ミスの連鎖で勝ち試合を落とす | main | 若手の活躍で中日に連勝 >>

メッセンジャー、完封逃すもチーム10勝一番乗り
8月恒例の京セラドームでの試合、メッセンジャーが圧巻のピッチングで10勝目をマーク。

鳥谷がスタメン落ちし、8回の守りから出場した。鳥谷の左ピッチャーに対する打率が151しかないので、首脳陣が総合的に判断したという。ちなみに、右ピッチャーは昨年と同じぐらい打っている。これまで左右関係なしにアベレージを残してきた鳥谷が、こうも極端に左ピッチャーを打てなくなったのは、やはり身体的な問題があるんとちゃうやろか。
同じく左ピッチャーを苦手とする盪海皺爾欧董∨黙蠅鬘曳屮轡隋璽箸乃用した。
京セラドーム 阪神x中日


先発メッセンジャーは7回まで内野安打2本だけの完璧なピッチング。8回にやや疲れが見え始めてピンチを招くも、なんとか無失点で切り抜けてくれた。
打線は中日先発バルデスを打ち崩すまでには至らなかったが、江越、福留のソロホームラン、北條のタイムリーで小刻みに点を奪う。8回には2番手小熊から、ゴメスがタイムリーを放ち、ダメ押しとなる4点目が入った。
9回、メッセンジャーがピンチを迎えて1点を失うが、マテオにスイッチして逃げ切った。

中日先頭大島のセンターへの鋭い打球を江越が一瞬判断を誤ったものの、必死でバックしてキャッチした。このファインプレーで初回を3人で終わらせた事が、メッセンジャーの好投に繋がったと思う。
一方、その裏の攻撃で、制球が定まらないバルデスから点を奪えなかったことで、バルデスを立ち直らせてしまった。
この試合が投手戦になったのは、初回の攻防がきっかけになったと思う。

メッセンジャーのピッチングは圧巻だった。2本の内野安打は共に打ち取った当たり。打球の勢いが弱すぎて内野安打になってしまった。7回までパーフェクトと言ってもいい内容だった。

中日先発のバルデスも初回のピンチを切り抜けてからは安定したピッチングを見せた。
投手戦のとき、1本のホームランで試合が動き出す事がよくある。4回の江越のホームラン、6回の福留のホームランにそれを期待したが、それでもバルデスは崩れなかった。
江越大賀

福留孝介


7回、先頭の中谷がヒットで出塁。良太の送りバントで2塁に進め、2死から北條が左中間を破るスリーベースで3点目を奪った。ここへ来て、ようやく打線の繋がりで点が取る事が出来た。
北條史也

結局バルデスから5安打3得点。そのうち2本がホームランだったことが幸いしただけで、とても打ち崩したとは言えない。次の対戦までにどう対策するかやね。

8回、メッセンジャーが先頭の工藤に、初めてヒットらしいヒットを打たれる。堂上はセカンドフライに打ち取るが、代打高橋に粘られた末に四球を出した。この辺りから疲れが出て来たんやろなあ。
続く代打森野のサードゴロをセカンド大和のミスで併殺が取れず、2死ながら1・3塁のピンチとなる。続く大島の右方向へのライナーが大和の正面で助かった。

その裏、1死から福留が四球を選ぶと、原口がヒットで繋ぎ、ゴメスがレフト前へタイムリーを放って点差を4点に広げた。
この日のゴメスは前3打席で2三振とライトファールフライだった。三振しないようにコンパクトに打った結果らしい。ちょっとナーバスになってるんかな。長打を期待してるんやから、あまり小さくまとまって欲しくない。
マウロ・ゴメス

9回もメッセンジャー続投。先頭の遠藤は三振に取るが、平田に粘られた末にヒットを打たれると、ビシエド四球で1死1・2塁。続くナニータにライトフェンス直撃のツーベースを打たれて1点を失った。
この日はライト上段から観戦していたが、そこから外野フェンス際は死角になっていて見えない。ボールがグラウンドに跳ね返ったのを見て、下段と中段の間のフェンスに当たったホームランだと思った。

完封がなくなったことで、メッセンジャーは降板。クローザーはマテオ。荒木のファーストゴロで三走ビシエドのホームインを許すが、堂上をセカンドフライに打ち取って、なんとか逃げ切った。
マテオ


これでメッセンジャーは10勝目。バッキー以来の5度目の2桁勝利らしい。完封出来なかったのが残念やったね。
お立ち台での第一声は「9回はスミマセン」だった。後のピッチャーに迷惑を掛けたくなかったんやろね。
ランディー・メッセンジャー


試合前、なんたらクロニクルのファーストピッチが行われた。ウルトラマンと誰か知らん人が登場。振りかぶってから1回転しての投球だった。
ウルトラマンはドーム球場でよかったね。甲子園なら熱中症になってるで。
京セラドーム大阪 始球式 アクロバトルクロニクル


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/339507

トラックバック

ずっと屋外球場の試合が続いていましたが、ここでようやくドーム球場の試合。長期ロード、やっぱり京セラドームでできるのは、大きいですよね。基本的にドーム野球は好きではないですが、最近の日本の夏はやや熱帯化してますし、応援する方としても、空調効いているドー
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/08/14 10:47 AM