虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 盪穫日の猛打賞、坂本攻守に活躍で連勝 | main | バレンティンを避けて、鵜久森に打たれる >>

盪灰廛軆號塁弾でDeNAに3連勝
この3連戦は無茶苦茶強かった。今年の夏ロードは11勝9敗。若手中心のチーム編成でよくも勝ち越せたもんやね。

この日のキャッチャーは原口。肩の状態がよくないと言っていたので、当分は坂本にマスクを被らせると思ってた。メッセンジャーが指名したんかな。

3度の満塁期を確実に物にしてDeNA先発ぺトリックを攻略。メッセンジャーも3安打で打線を鼓舞し、投げては再三のピンチを切り抜けて6回1失点。7回に安藤がロペスにツーランを浴びるが焼け石に水。島本、秋山の無失点リレーで長期ロード最終戦を勝利で締めた。

盪海2安打6打点の活躍。2回は満塁でサードゴロに倒れたが、4回の2死満塁では初球の変化球を捉えて、右中間スタンド中段へ放り込んだ。その前の打席で打ち取られたチェンジアップを一発で仕留めた。
6回の無死満塁でも、2番手ブロードウエイの代わり端、インハイのストレートを引っ張って、ライト線に2点タイムリーツーベースを放った。上手く捌いたというより、しっかりと呼び込んで強く振った。
残念ながらその後の打席は凡退して、3試合連続の猛打賞はならなかったが、この3連戦で8安打7打点の大活躍。3番バッターとしての重責を完璧なまでに果たした。
今後、左ピッチャーに対してもこのような結果が残せるかが見物やね。

盪海粒萍で目立たなくなっているが、上本、北條もしっかりと1、2番の役割を果たしてくれた。福留も2安打2打点と相変わらずの好調を続けている。5番原口はノーヒットに終わったが、ほぼ1番から5番までの打線が固まったように思う。

この試合を決めたのは盪海離丱奪謄ングだったが、それはメッセンジャーが3安打でお膳立てしたおかげ。息子さんの誕生日だったので気合いが入っていたんやろね。外国人ピッチャーの猛打賞はムーア以来らしい。
ピッチングの方は、先頭バッターを出してばかりいたものの、DeNAの拙攻とここぞの踏ん張りで6回を1失点に抑えてくれた。
先制した直後の2回裏、先頭の梶谷にスリーベースを打たれる。しかし、高城、ペトリックのスクイズを阻止し、桑原をセンターフライに打ち取ってこのピンチを切り抜けた。ここで追いつかれなかったことが勝機を呼んだと思う。
メッセンジャーはこれで11勝目。奪三審数も150と増え、ダブルタイトルが視野に入って来た。

ゴメスが3試合振りのスタメン出場で5打席目にようやくヒットを打った。DeNAロペスが前日まで30打席無安打だったのが、打順の入れ替えでホームランを含む3安打の活躍を見せた。ゴメスも何かのきっかけで復調して貰いたいもんやね。

auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/339798

トラックバック

夏のロード最終戦は、今季の浜スタでのラストゲームでした。東京ドームの最後で、いい形で勝つことができて、その流れをしっかりと横浜に持ち込むことができました。一昨日、昨日と苦手の井納、久保を撃破しての快勝。ここまでくれば、もう1つってことですよね。
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/08/26 10:44 PM