虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 苦手の井納をめった打ちにして圧勝 | main | 盪灰廛軆號塁弾でDeNAに3連勝 >>

盪穫日の猛打賞、坂本攻守に活躍で連勝
前日の井納に続き、久保康もノックアウト。若手の活躍を中堅、ベテランがアシストしての勝利。

能見を休ませるために抹消。なぜか柴田を登録。今の1軍の補強ポイントはそこではないと思うんやけどなあ。

この日もゴメスはお休みで、ファーストに原口、キャッチャー坂本。このままなし崩し的に、原口をファーストにコンバートしてしまうのではないかと心配になる。

初回の満塁のチャンスを逃し、これで久保康を乗せてしまったかに見えた。しかし、 3回に盪海離織ぅ爛蝓爾肇丱奪謄蝓璽┘蕁爾韮嘉世鮴萓。3回には坂本のホームランで追加点を奪うと、そこから満塁のチャンスを作り、福留のゲッツー崩れなどでこの回3点を追加。投げては藤浪が7回を1失点に抑える好投を見せ、8回から中継ぎを駆使してこのまま逃げ切った。

この日の盪海魯帖璽戞璽坑核椶如∀日の猛打賞。これで球団新人新記録の12度目となった。新人の2試合連続猛打賞も赤星以来。この日の3安打で110安打に到達し、岡田元監督が持っていた、チーム新人最多安打も更新した。
初回はレフトフェンス直撃。2打席目は、あと30センチほどでスタンドインしたであろう、ライトフェンス直撃のタイムリー。そして、4打席目はライト線を破るツーベース。
1番を打ってたときと明らかにバッティングが違う。それまではインコースの球にバットコントロールで対応していたが、今はしっかりと振り抜いて、強い打球を飛ばせるようになっている。
金本監督からコツを教えてもらったらしい。それをすぐ実戦でやってみせるところが凄い。まだまだ伸び代がありそうなので、これからが楽しみやね。

4回先頭バッターの坂本がレフトへプロ初ホームランを放った。単なる追加点ではなく、久保康にダメージを与え、その後の満塁期に繋がる価値ある一発だった。
守りでも初回に桑原の盗塁を刺して、藤浪の立ち上がりをフォロー。4回には北條の1塁悪送球を素早くカバーして、打者走者のロペスを1・2塁間に挟んでアウトにした。ロペスが1・2塁間の真ん中辺りまで走るのを待つ冷静さを見せた。
実戦経験が少ない坂本なので、配球は藤浪が組み立てていたと思う。坂本の役割は、藤浪が気持ちよく投げられるようにリードする事。調子はよくなかったと言う藤浪。ランナーを出しながらも1失点に抑えられたのは、坂本のリードがあってこそだと思う。

藤浪は7回を1失点。7安打されたものの、取られた点は梶谷のソロホームランの1点だけだった。
イニングの先頭を出した1回と3回に上手くランナーを刺せたことと、ここぞというところで三振が奪えた事が好投に繋がった。特に5回2死2・3塁で筒香から三振を奪ったところは、藤浪らしい力強いストレートだった。

さあ、次は夏ロード最後の試合。いい気分で甲子園に帰って来て欲しい。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/339777

トラックバック

今日の試合は1回ウラの途中からABCラジオで、5回ウラからをtvkでのテレビ観戦でした。ラジオの解説は福本さん、テレビの方は遠藤さんでした。
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/08/25 11:20 PM