虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 福留のスーパープレーが流れを呼び込んだ | main | 盪穫日の猛打賞、坂本攻守に活躍で連勝 >>

苦手の井納をめった打ちにして圧勝
初回に打線が爆発して、久し振りにスッキリとした勝ち方。前の試合の勢いが続いてるんかな。

この日は先発が能見なので、キャッチャーは坂本。不振のゴメスに代えて、ファーストに原口を起用した。

上本がプレイボール直後の初球を打って、レフト前ヒットで出塁。北條は凡退するも、高山のヒット、福留四球で満塁のチャンスを作る。ここで原口が外角低めのフォークを上手く拾って、レフト前タイムリーで1点を先制すると、中谷も右中間オーバーの2点タイムリーで続く。攻撃はまだまだ続き、今成が犠牲フライ、坂本も右中間オーバーのツーベースで、この回打者11人の猛攻。一挙5点のビッグイニングを作った。
2回以降も攻撃の手を緩める事なく、DeNA先発の井納を攻め続ける。
2回は無死満塁から中谷のレフト前タイムリーなどで2点を追加。3回にも福留のタイムリー、原口の犠牲フライで2点を追加し、苦手井納から序盤に9点を奪った。
先発能見は大量の援護に守られて余裕のピッチング。戸柱にツーランを浴びたが、能見が一発を打たれるのは想定内。6回にもう1点を失うが、8回まで投げて3失点に抑える好投を見せた。

盪海錬害鵑砲海瞭3本目のヒットを打ち、坪井に並ぶチーム新人11度目の猛打賞をマーク。4打席目のファーストライナーもいい当たりだった。
スローで見ると、インパクトのときに体重をうしろに残していた。バッティングフォームを改造したのか、それとも3番に求められているバッティングをしようと、あえて変えているのか。どちらにせよ、一時期のドアスイングは改善されたみたいやね。

原口が2安打1犠飛2打点の活躍を見せた。1打席目のタイムリーは、バッテリーの配球を読んでたんやと思う。本職がキャッチャーだからこその一打なんやろね。

中谷は2安打3打点の活躍。この日はいい場面でしっかり結果を出すことが出来たものの、3打席目以降はちょっと物足りなかった。ランナーが居ないときは、出塁してチャンスメイクする事を考えたバッティングを心掛けて欲しい。

北條も2安打だったが、バント失敗やら守りのミスが出た。特に初回のショートゴロをレフト前ヒットにしてしまったのは、その後ゲッツーで事なきを得たが、一方的な試合になるか、バカ試合になるかの分かれ目だったと思う。
「やっぱり鳥谷でないと」と言われないように気持ちを引き締めてプレーして貰いたい。

能見は8回を9安打3失点。普段なら7回に代打を送られているところ。6点差があったのと球数が少なかったことで、8回まで投げる事が出来た。6連戦の初戦で中継ぎを1人しか使わずに済んでよかった。これで能見も2桁勝利まであと2つになった。残りの登板機会でなんとか勝ち星が上回るように頑張って欲しい。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/339756

トラックバック

上位3チームとの勝負の8連戦でしたが、カープ、ジャイアンツには1勝4敗という、かなり残念な結果。それでも、最後にいい形で勝ったので、今日からのベイスターズ戦は気持ちを切り替えて、全部勝つつもりでいきたいですね。 今日は夕方から長い会議があったので、ラ
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/08/24 8:33 PM