虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< カープ優勝の裏で情けない試合 | main | 中継ぎが打たれて逆転負け >>

岩貞2度目の完封勝利
岩貞が完封勝利。若手とベテランが上手く噛み合い、山中にようやく黒星をつけた。

ヘイグの退団が決まったらしい。シーツが推す3AのMVPプレーヤーとの事で期待していたが、日本の野球に馴染むことが出来なかった。その反面、北條に実戦経験を積ませる事が出来たし、鳥谷のサードコンバートも出来た。ヘイグが活躍しなかった事で、得たものも大きかったと思う。

この日は打線を大幅に変えた。レフト板山、サード鳥谷の1・2番コンビ。7番にはセカンド荒木、8番に北條。片岡コーチが試合直前に決めたらしい。鳥谷を2番にすると下位打線が弱くなるので、北條を8番に下げたんやろなあ。

鳥谷の先制タイムリーとソロホームランで試合の主導権を握り、岩貞の自援護で中押し。終盤に福留のツーランでダメを押した。先発岩貞は2度のピンチを切り抜けて、今シーズン2度目の完封勝利。

金本監督の理想とする、若手が起用に応えてベテランが存在感を出しての勝利。鳥谷の2番も元々の構想だった攻撃的2番としての起用やったんやろ。まだCSの望みが残っているとは言え、Aクラス入りは遠い。カープ優勝を期に、来シーズンを見据えて初心に戻ろうというところかな。

岩貞は2回、山田への死球、鵜久森のツーベースで無死2・3塁のピンチを迎える。しかし、雄平、西浦を連続三振に仕留め、西田敬遠で満塁にして、山中を三振に打ち取った。これまで、こういう場面で長打を浴びる事が多かったが、この日は死球にも動揺せずに踏ん張ることが出来た。
7回1死2・3塁も坂口ピッチャーゴロで三走を挟殺。いつもながら下手くそなランダウンプレー。森越、見事なカバーリングやったで。この後、荒木をサードゴロに打ち取って、このピンチも切り抜けた。
この日はランナーを出してもしっかりと腕が振れていた。前日ホームラン3発の山田もノーヒットに抑えた。1打席目の死球の後も果敢にインコースを攻める事が出来た。
岩貞はこれで7勝目。残り試合を考えると2桁勝利はどうかな。1つでも上積みを増やして欲しい。

3回先頭の北條がピッチャー強襲の内野安打で出塁。岩貞がきっちり送って得点圏にランナーを進め、板山のヒットで1・3塁。若手が作ったチャンスで、鳥谷がライト前にタイムリーを放って先制。5回には鳥谷が2ヶ月振りのホームランを打って、1点を追加。苦手山中をじわじわと追い詰め、この回でマウンドから引き摺り下ろした。

6回、連続四球とヒットで無死満塁のチャンスを作る。北條は凡退するが、岩貞がサードへ高いバウンドのゴロを打ち、サードの頭を越すタイムリーとなって3点目が入った。岩貞に代打を出さなかった事、岩貞が自分で出来る最大限のバッティングをして1点を取れた事が勝利に繋がったと思う。

7回、ツーベースで出塁した盪海鮹屬い董∧[韻ライトスタンドへダメ押しのホームラン。この2点があったからこそ、岩貞がその裏のピンチで抑える事が出来たんとちゃうかな。

選手それぞれに求められている事がきっちりと出来た。派手さはないが、安心して見ていられる試合。それでいて、ベンチの熱さも伝わって来た。





auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(2) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/340148

トラックバック

一年はあっという間・・・いよいよ神宮も今日がラストゲームとなってしまいました。参戦の方も、ナイターは今日が最後。日中はそうでもなかったですが、試合中はさすがに肌寒い風が吹いてきました。ナイターシーズンも、いよいよ終わりです・・・。
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/09/12 8:15 PM
一二三四五六七八九計HE阪  神0010112005100ヤクルト000000000040 岩貞投手のナイスピッチングで連敗脱出でした。私は見逃したんですが、鳥谷キャプテンの先制タイムリーと2点目のホームランの後、小刻みに追加点を奪い、岩貞投手は今季2度めの完封勝利でした。今年は
ポケモン的なるブログ | 2016/09/12 8:53 PM