虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< ミスが絡んで逆転負け | main | 超変革1年目、CS出場を逃す >>

福留の逆転弾で秋山4年振りの勝利
福留の一発がチームを救った。それにしても初回のリードを最後まで守り切れるとは思っても見なかった。

先発予定の秋山の代りに岩田を抹消。まあそうなるわな。今の岩田はファームでも登板させる意味がないと思う。

初回、秋山は不運なヒットで1点を失うが、直後に福留のツーランで逆転して貰うと、あとはDeNA打線をスイスイと抑える。6回2死2塁、筒香を迎えたところで高橋に繋ぎ、7回を松田が辛くも抑える。その後はサターホワイト、マテオのパーフェクトリリーフで1点差ゲームを逃げ切った。

秋山が6回途中まで3安打1失点の好投。ストレート、変化球共にキレがあったことに加え、球審坂井の広いストライクゾーンを上手く活用した。
初回に内野安打2本で1点を失ったが、2回から5回まではパーフェクトピッチングだった。6回はそのまま秋山に投げさせて欲しかったが、1点差ゲームに加え、球数が100球近くなっていた。まだCSの可能性があるのでここの継投は仕方がない。
甲子園ではルーキーイヤー以来の6年ぶりの勝利。出来れば登録抹消せずに、もう一度登板させてやって欲しいもんやね。

松田はイニングの先頭に四球を与えると、送りバントの処理をミスって無死1・2塁のピンチを招く。先頭を出して動揺したかな。何とか0で凌げたのは、DeNAの拙攻のお陰。倉本のスリーバント失敗には助けられた。送られて2・3塁になっていたら、下園を歩かせてしまい、満塁で梶谷を迎えることになっていたかもしれない。
まだまだ経験不足やね。3人で終わらせる事に越したことは無いが、それよりランナーを出しても動ぜずに抑えられる安定感を身につけて欲しい。

打線は9安打もしながら得点は初回の福留のツーランの2点だけ。北條2安打、福留3安打、秋山2安打と気を吐くものの、盪海ブレーキになって得点できなかった。
盪海世韻任呂覆ぁ8回1死1・2塁の場面で大和が見逃し三振に倒れたのに象徴されるように、何とか繋ごうというのが見られなかった。
最近はちょくちょくホームランが出るようになってきたが、ホームランでないと点が入らんようになっているような気がする。



DeNA三浦はこの試合が見納めやったかもしれんなあ。

auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/340301

トラックバック

甲子園7連戦は、いずれもリードしながらも最後は逆転されての連敗スタートということになってしまいました。今年のタイガースの拙いところが随所に出てしまって、まさに象徴的な連敗でしたが、逆に言えば、弱点ははっきりしているわけで、あの暗黒時代の「どこをどう直
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/09/18 1:33 AM