虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< ようやく聖地で読売に勝利 | main | 福原が引退を発表 >>

藤浪泥沼脱出、ホームラン攻勢でジョンソンに土をつけた
アーチ攻勢で「らしく」ない勝ち方。それでも今まで打てなかったジョンソンから勝利したのでいいか。

球児と高橋を抹消。球児は来季セットアッパーでの復活を期待しよう。高橋はいろんな場面で頑張ってくれてお疲れさまでした。代わって金田が登録された。

藤浪が課題だった序盤をしっかりと抑えると、その後は緩急をつけたピッチングで広島打線を抑えて行く。打線は北條の先制弾、上本の中押しソロ、盪海離瀬甓,轡帖璽薀鵑巴紂垢氾精垢鮃げた。藤浪は9回に鈴木からソロホームランを浴びてしまうが、最後まで投げ切って完投勝利。

藤浪は力みのないピッチングで5安打1失点。この日はコントロールが安定していた。ピンチらしいピンチがなかったのも幸いしたかな。シーズン通して色々と変えてみたが、結局行き着くところは「脱力」だったという事やろね。
盗塁は4回の鈴木だけ。それも梅野がきっちりと刺した。セットポジションのときの癖も修正出来たみたいやね。
最後は鈴木に力勝負を挑む余裕も見せての完投勝利。とにかく、何をやっても勝てない状況から抜け出せたのはよかった。

北條が4回にジョンソンからソロホームランを放った。インコースのストレートに差し込まれる事なく、しっかりと対応する事が出来た。上本も6回にジョンソンの低めストレートを上手く叩き、レフトスタンドへ運んだ。
これまでジョンソンにやられっぱなし。こういうピッチャーをどうやって攻略するかがチームとしての課題だった。打ち崩すまでには至らなくても、こういう点の取り方があるというのを1・2番コンビが実践してくれた。

8回に盪海2番手ジャクソンからライトへダメ押しのツーラン。ライト鈴木のグラブから打球がこぼれてスタンドインするラッキーなホームラン。盪海魯献礇ソンのストレートに振り遅れないように、バットを短めに持ったらしい。金本監督が言う「工夫」をした結果が実った。
4回にはジョンソンからレフト線にツーベースを打った。これも外のストレートを踏み込んで流し打った見事な当たりだった。

鳥谷は難しいファールフライを2つ捕ってくれたが、バッティングは相変わらずの不調。バッティングフォームが完全に崩れていて、以前より悪くなっているように思う。ここへ来てスタメンで出す必要があるんかな。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/340439

トラックバック

残り試合も6試合になって、今日はズムスタでの今季ラストゲーム。今年は日程に都合で広島まで応援に行けなかったなぁ。ズムスタ参戦していれば、もうちょっと勝てただろうか・・・。 今日ももちろん自宅でのテレビ観戦。J Sports1で、北別府さんと前田さんの解説。い
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/09/24 1:51 PM