虎談巷説 阪神タイガース的日常

阪神タイガースの話題を中心に、管理人の適当目線で書いていきます
コメント、TBは大歓迎です。
ただし、記事内容に関わらず、アフィリエイトにリンクを張っている場合は削除します。

 






<< 福原が引退を発表 | main | 上本満塁一掃タイムリー、岩貞9勝目 >>

メッセンジャー2年ぶりの完封勝利
ここへ来て先発投手陣がいい働きを見せている。今シーズン最後の登板かもしれないので、気合いが入ってるんやろなあ。

ドリスが右肘の検査と治療のために帰国した。ピッチング内容は悪くはなかったが、連投に耐えられないのが問題。普通の中継ぎなら外国人ピッチャーでなくてもよい。セットアッパーやクローザーを任せる事になるのだから、使い傷みのしない選手を探した方がいいと思う。

吉見から、原口、北條のソロホームランの2点しか奪えなかったが、メッセンジャーが今シーズン最高のピッチングを見せて中日打線を完封した。

メッセンジャーは3安打ピッチング。8回で降板予定だったのを自ら志願して最後まで投げ切った。コントロールも球のキレも申し分のないピッチングで、ピンチらしいピンチもなく、最後まで安心して見ていられた。

奪三振数も1位の菅野に離されていたが、この日11個を上乗せし、奪三審王まであと7まで迫った。菅野次第でもう一度投げる事になるかもしれない。
今シーズンの投球回数は185回1/3。これはチームはもちろん、12球団でもトップ。勝ち負けはトントンだが、これだけのイニングを投げてくれるピッチャーは他にいない。新外国人を獲る話がちらほら出ているが、先ずはメッセンジャーと来季契約を結ぶのが最優先やろね。

打線は盪魁▲乾瓮垢ブレーキとなり、チャンスを作りながらも得点には繋がらなかった。それでも吉見から2本のソロホームランで2点を奪った。最近はホームランでしか点が入らなくなっている。まだまだ調子のいいピッチャーのときは打ち崩せずにいるが、こういう形で点が取れるようになったのは進歩やと思う。

2回、原口がセンターバックスクリーンに今季11号となるソロホームランを打って先制。併殺で無死1塁のチャンスを潰した直後だったのでこれには救われた。
3回には北條がレフトへ2試合連続となるホームランを放った。北條は6回にもツーベースを打ち、シーズン100安打に到達した。目標達成おめでとう。

次の試合に勝てば最下位は免れる?そんなことより、4位浮上を目標にして貰いたい。


auther : yohkura | 阪神タイガース | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントを投稿する









この記事のトラックバックURL
http://yohkura.tblog.jp/trackback/340458

トラックバック

今日からのナゴド2連戦は、5位攻防戦ということになりました。最後の最後まで気が抜けませんね。もちろん、優勝争いとは緊張感の度合いは違いますが、超変革元年で、初めて一軍でずっと戦ってきた若手にとっては、「負けられない試合」という中での試合というのも、来
りが・みりてぃあ野球殿堂 | 2016/09/25 2:22 PM